SlowNews | スローニュース

じっくりと取材や思考を重ねた良質なコンテンツで、誰もがもつ先入観(バイアス)を壊す。炎…

SlowNews | スローニュース

じっくりと取材や思考を重ねた良質なコンテンツで、誰もがもつ先入観(バイアス)を壊す。炎のような情熱と、事実をありのままに見る冷静さで常識や偏見をひっくり返す。そんな創り手とつながるコミュニティです。

メンバーシップに加入する

購読プランとプレミアムプランの2種類からお選びいただけます。

  • 購読プラン

    ¥500 / 月
  • プレミアムプラン

    ¥1,000 / 月

リンク

マガジン

  • 諸永裕司のPFASウオッチ

    「永遠の化学物質」として問題になっているPFAS(有機フッ素化合物)。調査報道スクープや最新の自治体や企業の動き、取材の経過などをこちらで発信していきます。(取材:諸永裕司)

  • 災害前線報道ハンドブック

    大災害は突然にやってきます。その時、何を取材するべきでしょうか。記者たちに的確な指示が出せるでしょうか。ありそうで存在していなかった「災害時の取材マニュアル」ジャーナリストのプレミアム会員向けに発信します。(熊田安伸)

  • 広島県警の不正経理事件

    広島県福山市内の警察署で2019年から2020年にかけ、組織の指示によるカラ出張が何度も繰り返され、実態のない“出張”に対する旅費や時間外手当などが公金から支出されていた疑いがあることが、調査報道グループ「フロントラインプレス」の取材でわかった。こうした行為は以前から長期間、組織内で行われていた疑いもある。

  • プロジェクト「オープンデータウオッチ」

    スローニュースでは、プロジェクト「オープンデータウオッチ」を始めます。国や自治体がオープンにしているデータをもとに、税金の使われ方や事業が適正に行われているのかなどをチェックしていきますよ。

  • 宮崎県警・証拠写真のSDカード改ざん疑惑

    殺人事件の証拠写真を収めたSDカードのデータを宮崎県警が改ざんした疑いが浮上した。絶対に改ざんできないはずの写真データが容易に修正できるとなれば、「事件捜査への信頼は失墜し、刑事司法は大混乱に陥るだろう」と捜査実務に詳しい関係者は言う。問題の背後に、いったい何があるのか。取材:フロントラインプレス

最近の記事

  • 固定された記事

【6月24日緊急イベント】報道機関を強制捜査、取材先を割り出した鹿児島県警『内部告発潰し』を徹底検証する

報道機関に警察が捜索に入って取材資料を差し押さえ、それを端緒に取材源を特定。そして内部告発者を逮捕してしまう。そんな民主主義国家ではありえないような暴挙に鹿児島県警が踏み切りました。スローニュースではこの問題について考える緊急イベントを6月24日(月)19時から開きます。公益通報(内部告発)研究の第一人者である上智大教授の奥山俊宏さんと、当局の内部告発潰しの報道を数多く手掛けるフロントラインプレス代表の高田昌幸さんが登壇、それぞれの立場から語ります。聞き手はジャーナリストの長

    • 【スクープ】工場のPFAS汚染水が「垂れ流し同然」は本当か?極秘文書に記された衝撃の排出方法とは

      国際機関が発がん性を指摘している化学物質「PFAS」。様々な用途に使われてきたため、PFAS汚染はいまや日本の各地で次々と確認されています。 このうち、静岡市の化学メーカー、三井・ケマーズフロロプロダクツの工場では、働いていた人だけでなく、周辺からも検出されました。その謎を解く実に50ギガバイト(5万ファイル分)にのぼる工場内部の膨大な極秘データ『デュポン・ファイル』をスローニュースは入手し、深刻な汚染を引き起こしていた原因や実態を解明しています。 汚染が広がった要因とし

      • 秘密資料を公園の茂みに「落とし」やりとり…大河原化工機事件「公安取材」の緊迫した場面

        あふれるニュースや情報の中から、ゆっくりと思考を深めるヒントがほしい。そんな方のため、スローニュースの瀬尾傑と熊田安伸が、選りすぐりの調査報道や、深く取材したコンテンツをおすすめしています。 きょうのおすすめはこちら。 「公安は同じことやる」大河原化工機事件、捜査員が私に語った警告横浜市の化学機械メーカーの社長ら3人が不正輸出の疑いで逮捕され、その後無実が明らかになった「大河原加工機事件」。この冤罪事件では、捜査した公安警察の手法に疑念が持たれています。 毎日新聞が、こ

        • 「永遠泳ぎ続ける」という表記は間違い?それとも…新聞校閲者が考えてみた

          あふれるニュースや情報の中から、ゆっくりと思考を深めるヒントがほしい。そんな方のため、スローニュースの瀬尾傑と熊田安伸が、選りすぐりの調査報道や、深く取材したコンテンツをおすすめしています。 きょうのおすすめはこちら。 僕が言いたいのは永遠「永遠と見てられる」 「永遠迷子になった」 それは「延々と」「延々」の間違いじゃないの? と思ってしまいすが、実際にはネットではこうした使われ方があふれています。 これについて、中日新聞校閲部の方が書いたブロクが今日の必読です。

        • 固定された記事

        【6月24日緊急イベント】報道機関を強制捜査、取材先を割り出した鹿児島県警『内部告発潰し』を徹底検証する

        マガジン

        • 諸永裕司のPFASウオッチ
          56本
        • 災害前線報道ハンドブック
          48本
        • 広島県警の不正経理事件
          21本
        • プロジェクト「オープンデータウオッチ」
          11本
        • 宮崎県警・証拠写真のSDカード改ざん疑惑
          8本
        • メディアの報道をテーマや表現ごとに「まとめ記事」はこちら
          17本

        メンバーシップ

        • 緊急イベントを開催します!6月24日です

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 旧スローニュースに掲載されたスクープを再掲載!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 奧山さんの寄稿に大きな反響が…イベントも検討しております

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 奥山さんの怒りの緊急寄稿を配信しました

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 緊急イベントを開催します!6月24日です

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 旧スローニュースに掲載されたスクープを再掲載!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 奧山さんの寄稿に大きな反響が…イベントも検討しております

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 奥山さんの怒りの緊急寄稿を配信しました

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        メンバー特典記事

          【6月24日緊急イベント】報道機関を強制捜査、取材先を割り出した鹿児島県警『内部告発潰し』を徹底検証する

          「購読プラン」他に参加すると最後まで読めます

          報道機関に警察が捜索に入って取材資料を差し押さえ、それを端緒に取材源を特定。そして内部告発者を逮捕してしまう。そんな民主主義国家ではありえないような暴挙に鹿児島県警が踏み切りました。スローニュースではこの問題について考える緊急イベントを6月24日(月)19時から開きます。公益通報(内部告発)研究の第一人者である上智大教授の奥山俊宏さんと、当局の内部告発潰しの報道を数多く手掛けるフロントラインプレス代表の高田昌幸さんが登壇、それぞれの立場から語ります。聞き手はジャーナリストの長

          【6月24日緊急イベント】報道機関を強制捜査、取材先を割り出した鹿児島県警『内部告発潰し』を徹底検証する

          災害前線報道ハンドブック【第4章】復興フェイズ④必ず起きてしまう談合の調べ方

          「プレミアムプラン」に参加すると最後まで読めます

          スローニュース 熊田安伸 巨額の予算が投入される復興事業では、必ずといっていいほど談合事件が起きてしまいます。どのように取材すればいいのか、当局の情報に頼ることなく報じることはできるのか。そしてどんな視点で報じるといいのかなどについて解説します。 なぜ復興事業では不正が起きやすいのか大きな災害の後には、巨額の復興特別予算が組まれます。多くが壊れた公共施設の復旧や、地域の暮らしの復興おために使われますが、過去の大災害では必ずといっていいほど、復興事業・復旧工事をめぐる不正が

          災害前線報道ハンドブック【第4章】復興フェイズ④必ず起きてしまう談合の調べ方

          【文壇史発掘】「昭和の怪物」今東光が残した未公開書簡が語る川端康成、谷崎潤一郎との交友、そして「謎の一言」

          「購読プラン」他に参加すると最後まで読めます

          ベストセラー作家にして、天台宗の大僧正でありながら、ときにはエロ坊主、失言政治家として悪名をとどろかせ、文壇、宗教界、メディアに君臨した「昭和の怪物」今東光(こんとうこう)(1898~1977年)。亡くなって半世紀近くがたつ今年、『今東光【全年譜】』が刊行されました。 川端康成、谷崎潤一郎、瀬戸内寂聴との書簡をはじめとする未公開をふくむ膨大な資料から、文壇史に新しい事実を発見した、執筆者で在野の今東光研究家、矢野隆司さんに、今回はじめてわかった今東光の日常、交友関係について、

          【文壇史発掘】「昭和の怪物」今東光が残した未公開書簡が語る川端康成、谷崎潤一郎との交友、そして「謎の一言」

          「監察は調査するつもりは全くない」「内部告発されたら警備官みな追放」県警ぐるみの隠蔽を示唆する録音の内容を明らかにする

          「購読プラン」他に参加すると最後まで読めます

          広島県警福山北警察署の警備課を舞台とした公金詐取事件(カラ出張)で、フロントラインプレスはカラ出張の口封じなどの様子を録音した音源を入手した。音源は複数あり、録音時間は計約5時間30分。その一部は5月28日のスローニュースで報じたが、今回はその内容をさらに詳しくお伝えする。 フロントラインプレス 広島県警の説明をくつがえす「口封じ」録音を入手この問題の発覚の経緯について広島県警は、福山北警察署の警備課に勤務していた巡査部長・粟根康智氏(現在は退職)が在職中の2022年3月

          「監察は調査するつもりは全くない」「内部告発されたら警備官みな追放」県警ぐるみの隠蔽を示唆する録音の内容を明らかにする

          【スクープ】警察庁官房長が事実と異なる国会答弁か…広島県警「隠蔽工作」の証拠録音を入手、その内容とは

          「購読プラン」他に参加すると最後まで読めます

          【10秒要点チェック】広島県警の不正経理事件をめぐり、警察庁長官官房長の国会答弁が事実と異なる疑いが浮上 最初の匿名の内部告発をめぐる経緯について、広島県警は隠蔽工作をしていたため警察庁に報告していないのでは? フロントラインプレスは口封じの様子が克明に記録された複数の録音を入手。決定的な証拠を明らかにする フロントラインプレス 警察庁官房長の国会答弁がおかしいフロントラインプレスが昨年から報じてきた広島県警の福山北警察署警備課の公金詐取事件(カラ出張)が先ごろ、参議

          【スクープ】警察庁官房長が事実と異なる国会答弁か…広島県警「隠蔽工作」の証拠録音を入手、その内容とは

          災害前線報道ハンドブック【第4章】復興フェイズ③復興予算の調べ方

          「プレミアムプラン」に参加すると最後まで読めます

          スローニュース 熊田安伸 前回は東日本大震災の復興予算問題に気づくまでの取材経緯をご紹介しました。今回はいよいよ具体的な調べ方とその結果について解説します。 役に立ったのは「事業仕分け」のための道具復興予算の分析は、以前ならかなり難しかったかもしれません。それが可能になったのは、当時の民主党政権が「事業仕分け」を始めたからでした。 「事業仕分け」こと行政事業レビューは、国の約5000の事業すべてについて各府省が点検・見直しを行うもので、予算を無駄遣いしていないか、事業が

          災害前線報道ハンドブック【第4章】復興フェイズ③復興予算の調べ方

        記事

          大調査 確定申告で政治献金を取り戻す国会議員たち③制度の抜け道を利用し「税金アジャース」(全3回)

          (スローニュースより)国会議員が自分の政党支部に寄付して所得税の還付を受ける。こんな姑息なことがまかり通っています。 実はこのやり口、2021年5月にフロントラインプレスが全ての国会議員について調査し、明らかにしています。記事はスローニュースの前のサービスに掲載されたもので、現在は読めなくなっているため、政治とカネの問題が問われている今回、当時の記事の主要部分を再掲載することにしました。(肩書などは全て当時のもの) フロントラインプレス 「書類は作ったが控除申請はしてい

          大調査 確定申告で政治献金を取り戻す国会議員たち③制度の抜け道を利用し「税金アジャース」(全3回)

          大調査 確定申告で政治献金を取り戻す国会議員たち②取材に無回答の与野党21人の議員名を明らかにする…不可解な回答のケースも(全3回)

          (スローニュースより)国会議員が自分の政党支部に寄付して所得税の還付を受ける。こんな姑息なことがまかり通っています。 実はこのやり口、2021年5月にフロントラインプレスが全ての国会議員について調査し、明らかにしています。記事はスローニュースの前のサービスに掲載されたもので、現在は読めなくなっているため、政治とカネの問題が問われている今回、当時の記事の主要部分を再掲載することにしました。(肩書などは全て当時のもの) フロントラインプレス 21人は取材に「無回答」 誠実さ

          大調査 確定申告で政治献金を取り戻す国会議員たち②取材に無回答の与野党21人の議員名を明らかにする…不可解な回答のケースも(全3回)

          大調査 確定申告で政治献金を取り戻す国会議員たち①寄付額の3割が戻るカラクリ(全3回)

          (スローニュースより)今、政治とカネが大きな問題となっています。中には、派閥からキックバックされた1239万円を自らが代表の自民党支部に寄付し、そのことによって約148万円の所得税の控除を受けていた菅家一郎・元復興副大臣のようなケースも明らかになりました。 実はこのやり口、2021年5月にフロントラインプレスが全ての国会議員について調査し、明らかにしています。記事はスローニュースの前のサービスに掲載されたもので、現在は読めなくなっているため、今回、当時の記事の主要部分を再掲

          大調査 確定申告で政治献金を取り戻す国会議員たち①寄付額の3割が戻るカラクリ(全3回)

          「米軍・横田基地が汚染源」と研究者、ところが東京都は監視井戸の水質測定をやめた!小池知事はなぜ動かない?

          なぜ横田基地が汚染源と言えるのか東京・多摩地区の汚染源のひとつは米軍・横田基地である――。 京都大学の原田浩二准教授は昨年、多摩地区にある140ヶ所の地下水などを測定・分析し、あらためてそう結論づけた。 主な根拠は二つある。 第一に、立川市の浅井戸と深井戸から、かつて基地の消火訓練に使われた泡消火剤に含まれるPFOSなどがきわめて高濃度で検出された。最大値は3102ナノグラムと、国の目標値の60倍を超える。なお、地下水脈はおおまかに西から東へ流れおり、基地の西側の井戸か

          「米軍・横田基地が汚染源」と研究者、ところが東京都は監視井戸の水質測定をやめた!小池知事はなぜ動かない?

          【疑惑の県警】報道機関を強制捜査し、内部告発した取材源を特定!鹿児島県警「前代未聞の暴挙」は憲法違反だ

          報道機関に警察が捜索に入って取材資料を差し押さえ、それを端緒に、報道機関の取材源を特定して逮捕する、などということは、言論の自由を保障する民主主義国では通常ありえません。社会における公共情報の流通を大きく萎縮させて、民主主義を機能しづらくすることになるのが明らかだと考えられてきたからです。実際、現憲法下で独立して以降の日本の捜査当局は、そうした手法を用いるのにこれまできわめて抑制的でした。ところが、鹿児島県警がいま、おそらく戦後日本で初めて禁を破り、それをやってのけつつありま

          【疑惑の県警】報道機関を強制捜査し、内部告発した取材源を特定!鹿児島県警「前代未聞の暴挙」は憲法違反だ

          工場のPFAS汚染水は「垂れ流し同然」だった!極秘文書が語るその実態とは【スクープ連載『デュポン・ファイル』動画編②】

          その工場の周辺が、なぜ高濃度の“毒の水”に汚染されたのか。長期連載してきた『デュポン・ファイル』の第2シーズン「排水編」を、7分余りの動画にまとめました。 PFAS汚染はいまや日本の各地で次々と確認されています。静岡市の化学メーカーの工場では「垂れ流し同然だった」という元従業員の言葉は本当なのか。驚くようなその管理の実態を、工場のある地元の皆さんだけでなく、この問題を初めて聞くという多くの方にぜひ視聴していただきたいと思い、わかりやすい動画で発信します。 取材・監修:諸永

          工場のPFAS汚染水は「垂れ流し同然」だった!極秘文書が語るその実態とは【スクープ連載『デュポン・ファイル』動画編②】

          「中学生1000人の進路」を追いかけたチャートから「普通」とはなにかを考える

          あふれるニュースや情報の中から、ゆっくりと思考を深めるヒントがほしい。そんな方のため、スローニュースの瀬尾傑と熊田安伸が、選りすぐりの調査報道や、深く取材したコンテンツをおすすめしています。 きょうのおすすめはこちら。 「ふつう」の人生を想像する1枚のチャートが話題になっています。 龍谷大学社会学部准教授の松岡亮二さんが、世界思想社のwebマガジン「せかいしそう」への寄稿で紹介した、「中学生1000人の進路」というチャートです。 2009年に中学校を卒業した人が100

          「中学生1000人の進路」を追いかけたチャートから「普通」とはなにかを考える

          反省どころか前回開示情報も塗りつぶしてきた厚生労働省の恥知らずな「情報非公開」

          あふれるニュースや情報の中から、ゆっくりと思考を深めるヒントがほしい。そんな方のため、スローニュースの瀬尾傑と熊田安伸が、選りすぐりの調査報道や、深く取材したコンテンツをおすすめしています。 きょうのおすすめはこちら。 浮島丸事件-新たに10件の乗船者名簿が開示。しかし前回開示された情報も「外務省との調整」で不開示に。情報公開では後ろ向きの日本政府ですが、さすがにこの対応には驚き、呆れました。 戦争終結直後の1945年8月24日に京都府の舞鶴港で日本海軍の輸送船「浮島丸

          反省どころか前回開示情報も塗りつぶしてきた厚生労働省の恥知らずな「情報非公開」

          ニュースだけでなく、広告への不信も顕著になった「メディア定点調査2024」

          あふれるニュースや情報の中から、ゆっくりと思考を深めるヒントがほしい。そんな方のため、スローニュースの瀬尾傑と熊田安伸が、選りすぐりの調査報道や、深く取材したコンテンツをおすすめしています。 きょうのおすすめはこちら。 「メディア定点調査2024」時系列分析メディアの信頼が報道分野だけでなく、広告についても揺らいでいることが調査で顕著になりました。 博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所は、生活者のメディア接触の現状を捉える『メディア定点調査2024』を6月

          ニュースだけでなく、広告への不信も顕著になった「メディア定点調査2024」

          日本政府が「存在しない」と言い続けた沈没船・浮島丸の名簿、事故から79年たってジャーナリストが存在を突き止める

          あふれるニュースや情報の中から、ゆっくりと思考を深めるヒントがほしい。そんな方のため、スローニュースの瀬尾傑と熊田安伸が、選りすぐりの調査報道や、深く取材したコンテンツをおすすめしています。 きょうのおすすめはこちら。 「浮島丸事件」がミステリー化した元凶、日本政府が「ない」と言い続けた乗船者の名簿が見つかった 79年後に開示された資料が語るもの今から79年前、戦争終結直後の1945年8月24日に京都府の舞鶴港で爆発し、沈没した日本海軍の輸送船「浮島丸」。日本政府は、爆発

          日本政府が「存在しない」と言い続けた沈没船・浮島丸の名簿、事故から79年たってジャーナリストが存在を突き止める

          災害前線報道ハンドブック【第4章】復興フェイズ④必ず起きてしまう談合の調べ方

          スローニュース 熊田安伸 巨額の予算が投入される復興事業では、必ずといっていいほど談合事件が起きてしまいます。どのように取材すればいいのか、当局の情報に頼ることなく報じることはできるのか。そしてどんな視点で報じるといいのかなどについて解説します。 なぜ復興事業では不正が起きやすいのか大きな災害の後には、巨額の復興特別予算が組まれます。多くが壊れた公共施設の復旧や、地域の暮らしの復興おために使われますが、過去の大災害では必ずといっていいほど、復興事業・復旧工事をめぐる不正が

          災害前線報道ハンドブック【第4章】復興フェイズ④必ず起きてしまう談合の調べ方

          「いじめによる自殺」が警察庁の統計に反映されず、なんと実数の半分以下!構造的な問題を西日本新聞が指摘

          あふれるニュースや情報の中から、ゆっくりと思考を深めるヒントがほしい。そんな方のため、スローニュースの瀬尾傑と熊田安伸が、選りすぐりの調査報道や、深く取材したコンテンツをおすすめしています。 きょうのおすすめはこちら。 いじめ自殺、国の統計に漏れ 翌年以降の認定分を反映せず 2013年から10年間、実数の半分おととし、国土交通省による統計不正が大きな問題になりましたが、またしてもあってはならない統計の問題が明らかになりました。 警察庁の自殺統計のうち、いじめが「原因・動

          「いじめによる自殺」が警察庁の統計に反映されず、なんと実数の半分以下!構造的な問題を西日本新聞が指摘