SlowNews | スローニュース

じっくりと取材や思考を重ねた良質なコンテンツで、誰もがもつ先入観(バイアス)を壊す。炎…

SlowNews | スローニュース

じっくりと取材や思考を重ねた良質なコンテンツで、誰もがもつ先入観(バイアス)を壊す。炎のような情熱と、事実をありのままに見る冷静さで常識や偏見をひっくり返す。そんな創り手とつながるコミュニティです。

メンバーシップに加入する

購読プランとプレミアムプランの2種類からお選びいただけます。

  • 購読プラン

    ¥500 / 月
  • プレミアムプラン

    ¥1,000 / 月

リンク

マガジン

  • 諸永裕司のPFASウオッチ

    「永遠の化学物質」として問題になっているPFAS(有機フッ素化合物)。調査報道スクープや最新の自治体や企業の動き、取材の経過などをこちらで発信していきます。(取材:諸永裕司)

  • 災害前線報道ハンドブック

    大災害は突然にやってきます。その時、何を取材するべきでしょうか。記者たちに的確な指示が出せるでしょうか。ありそうで存在していなかった「災害時の取材マニュアル」ジャーナリストのプレミアム会員向けに発信します。(熊田安伸)

  • 広島県警の不正経理事件

    広島県福山市内の警察署で2019年から2020年にかけ、組織の指示によるカラ出張が何度も繰り返され、実態のない“出張”に対する旅費や時間外手当などが公金から支出されていた疑いがあることが、調査報道グループ「フロントラインプレス」の取材でわかった。こうした行為は以前から長期間、組織内で行われていた疑いもある。

  • 宮崎県警・証拠写真のSDカード改ざん疑惑

    殺人事件の証拠写真を収めたSDカードのデータを宮崎県警が改ざんした疑いが浮上した。絶対に改ざんできないはずの写真データが容易に修正できるとなれば、「事件捜査への信頼は失墜し、刑事司法は大混乱に陥るだろう」と捜査実務に詳しい関係者は言う。問題の背後に、いったい何があるのか。取材:フロントラインプレス

  • メディアの報道をテーマや表現ごとに「まとめ記事」はこちら

    関心の高い報道のテーマや、ビジュアライズの新たな表現形式、注目の取材手法など、各メディアの発信をまとめた記事はこちらになります。どうぞ参考に。

最近の記事

  • 固定された記事

排気ガスの浄化装置でも相次いだトラブル【スクープ連載『デュポン・ファイル』第10回】

国際機関から発がん性を指摘されている有機フッ素化合物の「PFOA(ピーフォア)」。三井・デュポンフロロケミカルの清水工場(静岡市)で半世紀以上にわたって使われ、工場の内外を汚染していた。その工場内の極秘データが収められた「デュポン・ファイル」を入手。5万ファイルに及ぶ膨大な資料を紐解きながら、「地下水汚染」「排水汚染」「大気汚染」「体内汚染(従業員)」の実態を4週にわたって描く調査報道シリーズの連載第10回。 前回は排気ガス放出の実態と、対応策として浄化設備がどのように設け

    • 派閥解散は宣言したが、政治団体の届け出も取り下げていない自民党の実態をメディアが検証

      あふれるニュースや情報の中から、ゆっくりと思考を深めるヒントがほしい。そんな方のため、スローニュースの瀬尾傑と熊田安伸が、選りすぐりの調査報道や、深く取材したコンテンツをおすすめしています。 きょうのおすすめはこちら。 自民派閥「偽装解散」指摘も 政治団体、事務所が存続岸田文雄首相の派閥解消の方針を踏まえて、4月17日に自民党茂木派が解散を表明しました。自民党は麻生派をのぞく5派閥が政治団体として解散したことになります。 しかし、実際には「解消宣言」をしたはずの派閥が、

      • 「法人格の濫用を防ぐには幅広いステークホルダーによる監視が不可欠」会社代表の住所非公開に反対する奥山教授の意見を全文掲載

        株式会社の代表者の住所はこれまで登記簿に掲載する必要がありましたが、一定の要件を満たせば非公開にできるよう、法務省が制度を改正しました。省令の施行は10月1日です。 前回、この省令案に反対する立場の澤康臣・早稲田大学教授のパブリックコメントを掲載しました。反社会的勢力とのつながりなどを調べる有力情報をなくしてしまうことは透明化の流れに逆行し、情報秘匿の拡大による無責任な匿名会社の違法取引や犯罪収益隠匿が横行するタックスヘイブン化の危険を招くとして、代替案も提示しています。

        • 「会社代表の住所非公開は透明化に逆行し危険を招く」代替手段はあるとする澤教授の意見を全文掲載する

          株式会社の登記簿には現在、代表者の名前と住所が掲載されていますが、一定の要件を満たせば掲載する代表者の住所を市区町村までにとどめ、それ以上の情報は非公開にできるようになります。省令の施行は10月1日です。 登記簿は会社代表の本人を特定できる数少ない情報で、不正な商取引や詐欺、反社会勢力の進出などを防止するため、非常に重要な役割を果たしてきました。その重要なルールが改正された経緯などについては、前回の記事で紹介しています。 法務省は省令改正前に募ったパブリックコメントを公表

        • 固定された記事

        排気ガスの浄化装置でも相次いだトラブル【スクープ連載『デュポン・ファイル』第10回】

        マガジン

        • 諸永裕司のPFASウオッチ
          42本
        • 災害前線報道ハンドブック
          44本
        • 広島県警の不正経理事件
          19本
        • 宮崎県警・証拠写真のSDカード改ざん疑惑
          8本
        • メディアの報道をテーマや表現ごとに「まとめ記事」はこちら
          17本
        • プロジェクト「オープンデータウオッチ」
          8本

        メンバーシップ

        • 株式会社の代表者の住所が非公開になる件について、緊急特集です

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • ただいまイベント実施中!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • あすはイベントです。お時間があればぜひ

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • デュポン・ファイル、衝撃の第2週の結末です

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 株式会社の代表者の住所が非公開になる件について、緊急特集です

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • ただいまイベント実施中!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • あすはイベントです。お時間があればぜひ

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • デュポン・ファイル、衝撃の第2週の結末です

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        メンバー特典記事

          排気ガスの浄化装置でも相次いだトラブル【スクープ連載『デュポン・ファイル』第10回】

          「購読プラン」他に参加すると最後まで読めます

          国際機関から発がん性を指摘されている有機フッ素化合物の「PFOA(ピーフォア)」。三井・デュポンフロロケミカルの清水工場(静岡市)で半世紀以上にわたって使われ、工場の内外を汚染していた。その工場内の極秘データが収められた「デュポン・ファイル」を入手。5万ファイルに及ぶ膨大な資料を紐解きながら、「地下水汚染」「排水汚染」「大気汚染」「体内汚染(従業員)」の実態を4週にわたって描く調査報道シリーズの連載第10回。 前回は排気ガス放出の実態と、対応策として浄化設備がどのように設け

          排気ガスの浄化装置でも相次いだトラブル【スクープ連載『デュポン・ファイル』第10回】

          「あまりの高濃度」で封印された大気汚染のデータ【スクープ連載『デュポン・ファイル』第9回】

          「購読プラン」他に参加すると最後まで読めます

          国際機関から発がん性を指摘されている有機フッ素化合物の「PFOA(ピーフォア)」。三井・デュポンフロロケミカルの清水工場(静岡市)で半世紀以上にわたって使われ、工場の内外を汚染していた。その工場内の極秘データが収められた「デュポン・ファイル」を入手。5万ファイルに及ぶ膨大な資料を紐解きながら、「地下水汚染」「排水汚染」「大気汚染」「体内汚染(従業員)」の実態を4週にわたって描く調査報道シリーズの連載第9回。 工場からの汚染水が流れるはずがない場所で、なぜ濃度が上がっているの

          「あまりの高濃度」で封印された大気汚染のデータ【スクープ連載『デュポン・ファイル』第9回】

          汚染水の抜本的な削減策は「断念」されていた【スクープ連載『デュポン・ファイル』第7回】

          「購読プラン」他に参加すると最後まで読めます

          国際機関から発がん性を指摘されている有機フッ素化合物、「PFOA(ピーフォア)」。三井・デュポンフロロケミカルの清水工場(静岡市)で半世紀以上にわたって使われ、工場の内外を汚染していた。その工場内の極秘データが収められた「デュポン・ファイル」を入手。5万ファイルに及ぶ膨大な資料を紐解きながら、「地下水汚染」「排水汚染」「大気汚染」「体内汚染(従業員)」の実態を4週にわたって描く調査報道シリーズの連載第6回。 前回は汚染水が「事実上、垂れ流していた」という証言を裏付けるため極

          汚染水の抜本的な削減策は「断念」されていた【スクープ連載『デュポン・ファイル』第7回】

          汚染水が「一般排水」に流されていた…極秘資料が語るずさん管理の実態とは【スクープ連載『デュポン・ファイル』第6回】

          「購読プラン」他に参加すると最後まで読めます

          国際機関から発がん性を指摘されている有機フッ素化合物「PFOA(ピーフォア)」。三井・デュポンフロロケミカルの清水工場(静岡市)で半世紀以上にわたって使われ、工場の内外を汚染していた。その工場内の極秘データが収められた「デュポン・ファイル」を入手。5万ファイルに及ぶ膨大な資料を紐解きながら、「地下水汚染」「排水汚染」「大気汚染」「体内汚染(従業員)」の実態を4週にわたって描く調査報道シリーズの連載第6回。 前回は清水工場でのPFAS汚染水の管理基準が作成された経緯を追ったが

          汚染水が「一般排水」に流されていた…極秘資料が語るずさん管理の実態とは【スクープ連載『デュポン・ファイル』第6回】

          【会員向けイベント】記者・編集者が社の壁を越えてスキルを共有する「報道実務家フォーラム2024」見どころはこれだ!

          「購読プラン」他に参加すると最後まで読めます

          毎年700人以上が参加する日本最大級のジャーナリズムイベント『報道実務家フォーラム2024』が今年も4月27日~29日にかけて早稲田大学で開かれます。過去最大の57講座、でも全部に参加するのは無理。そこでフォーラム事務局長の澤康臣さんをお招きして、あなたにオススメの講座はどれなのか、オンラインで語ってもらいます。 毎年4月下旬に大会が開かれる『報道実務家フォーラム』。新聞社の記者や出版社の編集者、テレビ局のディレクター、フリーライターといったジャーナリストだけでなく、研究者

          【会員向けイベント】記者・編集者が社の壁を越えてスキルを共有する「報道実務家フォーラム2024」見どころはこれだ!

          「ケタ外れに高い値」の汚染水を流した排出基準はどう決められたのか【スクープ連載『デュポン・ファイル』第5回】

          「購読プラン」他に参加すると最後まで読めます

          国際機関から発がん性を指摘されている有機フッ素化合物、「PFOA(ピーフォア)」。三井・デュポンフロロケミカルの清水工場(静岡市)で半世紀以上にわたって使われ、工場の内外を汚染していた。その工場内の極秘データが収められた「デュポン・ファイル」を入手。5万ファイルに及ぶ膨大な資料を紐解きながら、「地下水汚染」「排水汚染」「大気汚染」「体内汚染(従業員)」の実態を4週にわたって描く調査報道シリーズの連載第5回。 地下水は高濃度で汚染され、工場周辺の魚も1983年には汚染が発覚。

          「ケタ外れに高い値」の汚染水を流した排出基準はどう決められたのか【スクープ連載『デュポン・ファイル』第5回】

        記事

          株式会社の代表者の住所が「非公開」になるのはなぜなのか、メリットとデメリットを考える

          スローニュース 熊田安伸 株式会社の登記簿には、代表者の名前と住所が掲載されています。本人の特定ができる数少ない情報で、不正な商取引や詐欺、反社会勢力の進出などを防止するためには非常に重要だからです。 その重要なルールが改正されました。一定の要件を満たせば、代表者の住所を市区町村までにとどめ、それ以上の情報は非公開にできるようになるのです。10月1日に施行されます。 詳しくはこちらの法務省のサイトをどうぞ。 こうした動きの背景にあったのは、「クリエイターがステップアッ

          株式会社の代表者の住所が「非公開」になるのはなぜなのか、メリットとデメリットを考える

          「あまりの高濃度」で封印された大気汚染のデータ【スクープ連載『デュポン・ファイル』第9回】

          国際機関から発がん性を指摘されている有機フッ素化合物の「PFOA(ピーフォア)」。三井・デュポンフロロケミカルの清水工場(静岡市)で半世紀以上にわたって使われ、工場の内外を汚染していた。その工場内の極秘データが収められた「デュポン・ファイル」を入手。5万ファイルに及ぶ膨大な資料を紐解きながら、「地下水汚染」「排水汚染」「大気汚染」「体内汚染(従業員)」の実態を4週にわたって描く調査報道シリーズの連載第9回。 工場からの汚染水が流れるはずがない場所で、なぜ濃度が上がっているの

          「あまりの高濃度」で封印された大気汚染のデータ【スクープ連載『デュポン・ファイル』第9回】

          「フェイクニュース法」が危ない。定義があやふやで運用する側が決めつけて投獄も…政府批判の封じ込めに利用

          あふれるニュースや情報の中から、ゆっくりと思考を深めるヒントがほしい。そんな方のため、スローニュースの瀬尾傑と熊田安伸が、選りすぐりの調査報道や、深く取材したコンテンツをおすすめしています。 きょうのおすすめはこちら。 最長で禁固20年「フェイクニュース法」がニュースを脅かす、その本当の理由とは?2024年はアメリカの大統領選挙をはじめ、世界60カ国以上で国政選挙が行われる「選挙の年」だそうですね。 偽情報や誤情報への対策が叫ばれているなか、アメリカの研究機関「ニュース

          「フェイクニュース法」が危ない。定義があやふやで運用する側が決めつけて投獄も…政府批判の封じ込めに利用

          工場からの排水が流れるはずがない場所がなぜ汚染されたのか【スクープ連載『デュポン・ファイル』第8回】

          国際機関から発がん性を指摘されている有機フッ素化合物の「PFOA(ピーフォア)」。三井・デュポンフロロケミカルの清水工場(静岡市)で半世紀以上にわたって使われ、工場の内外を汚染していた。その工場内の極秘データが収められた「デュポン・ファイル」を入手。5万ファイルに及ぶ膨大な資料を紐解きながら、「地下水汚染」「排水汚染」「大気汚染」「体内汚染(従業員)」の実態を4週にわたって描く調査報道シリーズの連載第8回。 前回は汚染水排出をめぐるずさんな管理や、抜本的な対策が見送られた実

          工場からの排水が流れるはずがない場所がなぜ汚染されたのか【スクープ連載『デュポン・ファイル』第8回】

          小池百合子都知事の側近が「学歴詐称工作」を暴露…新聞は記者会見を報じているだけでいいのか

          あふれるニュースや情報の中から、ゆっくりと思考を深めるヒントがほしい。そんな方のため、スローニュースの瀬尾傑と熊田安伸が、選りすぐりの調査報道や、深く取材したコンテンツをおすすめしています。 きょうのおすすめはこちら。 「私は学歴詐称工作に加担してしまった」小池百合子都知事 元側近の爆弾告発小池百合子都知事の「国立カイロ大学卒業」という学歴については、過去いろいろな形で疑念が示されてきました。 そして、今回、文藝春秋で元「都民ファーストの会」事務総長である小島敏郎弁護士

          小池百合子都知事の側近が「学歴詐称工作」を暴露…新聞は記者会見を報じているだけでいいのか

          フェイク対策のはずが「国家による情報空間への介入」という危険な議論に…総務省の有識者会議を注視しよう

          あふれるニュースや情報の中から、ゆっくりと思考を深めるヒントがほしい。そんな方のため、スローニュースの瀬尾傑と熊田安伸が、選りすぐりの調査報道や、深く取材したコンテンツをおすすめしています。 きょうのおすすめはこちら。 フェイクニュースと偽・誤情報対策は、ニュースとコンテンツと広告に分けて検討をトンデモなく恐ろしい議論が進んでしまっているので、唖然としました。総務省の「デジタル空間における情報流通の健全性確保のあり方に関する検討会」という有識者会議のことです。 なぜそん

          フェイク対策のはずが「国家による情報空間への介入」という危険な議論に…総務省の有識者会議を注視しよう

          小学生の3.5%が配信経験あり、ネット動画の利用者は2歳から97%…こども家庭庁の調査からみえる青少年のネット環境

          あふれるニュースや情報の中から、ゆっくりと思考を深めるヒントがほしい。そんな方のため、スローニュースの瀬尾傑と熊田安伸が、選りすぐりの調査報道や、深く取材したコンテンツをおすすめしています。 きょうのおすすめはこちら。 高校生では1割強が経験済み…子供達における配信実情小学生では3.5%、中学生では7.3%、高校生では10.7%が、インターネットで動画や音楽を配信した経験がある。 こども家庭庁が2024年3月に報告書を発表した『令和5年度青少年のインターネット利用環境実

          小学生の3.5%が配信経験あり、ネット動画の利用者は2歳から97%…こども家庭庁の調査からみえる青少年のネット環境

          汚染水の抜本的な削減策は「断念」されていた【スクープ連載『デュポン・ファイル』第7回】

          国際機関から発がん性を指摘されている有機フッ素化合物、「PFOA(ピーフォア)」。三井・デュポンフロロケミカルの清水工場(静岡市)で半世紀以上にわたって使われ、工場の内外を汚染していた。その工場内の極秘データが収められた「デュポン・ファイル」を入手。5万ファイルに及ぶ膨大な資料を紐解きながら、「地下水汚染」「排水汚染」「大気汚染」「体内汚染(従業員)」の実態を4週にわたって描く調査報道シリーズの連載第6回。 前回は汚染水が「事実上、垂れ流していた」という証言を裏付けるため極

          汚染水の抜本的な削減策は「断念」されていた【スクープ連載『デュポン・ファイル』第7回】

          20年以上も黙認されてきた漁協幹部の公金横領を「悪いものは悪い」と告発した22歳の若者の「組織を変える勇気」

          あふれるニュースや情報の中から、ゆっくりと思考を深めるヒントがほしい。そんな方のため、スローニュースの瀬尾傑と熊田安伸が、選りすぐりの調査報道や、深く取材したコンテンツをおすすめしています。 きょうのおすすめはこちら。 《スクープ!安芸漁協の不正の実態》Z世代職員らが内部告発 副組合長が着服を認め謝罪【高知】「悪いものは悪い」 高知県の漁協で長く続いてきた公金の横領が、2年目の若い職員の告発により発覚したことを、高知県の「さんさんテレビ」が報じました。さんさんテレビは2

          20年以上も黙認されてきた漁協幹部の公金横領を「悪いものは悪い」と告発した22歳の若者の「組織を変える勇気」

          汚染水が「一般排水」に流されていた…極秘資料が語るずさん管理の実態とは【スクープ連載『デュポン・ファイル』第6回】

          国際機関から発がん性を指摘されている有機フッ素化合物「PFOA(ピーフォア)」。三井・デュポンフロロケミカルの清水工場(静岡市)で半世紀以上にわたって使われ、工場の内外を汚染していた。その工場内の極秘データが収められた「デュポン・ファイル」を入手。5万ファイルに及ぶ膨大な資料を紐解きながら、「地下水汚染」「排水汚染」「大気汚染」「体内汚染(従業員)」の実態を4週にわたって描く調査報道シリーズの連載第6回。 前回は清水工場でのPFAS汚染水の管理基準が作成された経緯を追ったが

          汚染水が「一般排水」に流されていた…極秘資料が語るずさん管理の実態とは【スクープ連載『デュポン・ファイル』第6回】

          鳴門わかめの産地偽装を追跡して徳島の若手記者たちが全国へ取材展開、雪印の偽装を調査した食品Gメンも登場

          あふれるニュースや情報の中から、ゆっくりと思考を深めるヒントがほしい。そんな方のため、スローニュースの瀬尾傑と熊田安伸が、選りすぐりの調査報道や、深く取材したコンテンツをおすすめしています。 きょうのおすすめはこちら。 中国産わかめを鳴門産として販売 明らかになる偽装の真相「調査報道の動画」で「ディグ」という文字が目に入り、最初は「TBS NEWS DIG」かと思いましたよ。 実はこちら、NHKの四国管内の放送局が1年前から展開している「シコクディグ」というシリーズ。四

          鳴門わかめの産地偽装を追跡して徳島の若手記者たちが全国へ取材展開、雪印の偽装を調査した食品Gメンも登場

          【会員向けイベント】記者・編集者が社の壁を越えてスキルを共有する「報道実務家フォーラム2024」見どころはこれだ!

          毎年700人以上が参加する日本最大級のジャーナリズムイベント『報道実務家フォーラム2024』が今年も4月27日~29日にかけて早稲田大学で開かれます。過去最大の57講座、でも全部に参加するのは無理。そこでフォーラム事務局長の澤康臣さんをお招きして、あなたにオススメの講座はどれなのか、オンラインで語ってもらいます。 毎年4月下旬に大会が開かれる『報道実務家フォーラム』。新聞社の記者や出版社の編集者、テレビ局のディレクター、フリーライターといったジャーナリストだけでなく、研究者

          【会員向けイベント】記者・編集者が社の壁を越えてスキルを共有する「報道実務家フォーラム2024」見どころはこれだ!