SlowNews | スローニュース

じっくりと取材や思考を重ねた良質なコンテンツで、誰もがもつ先入観(バイアス)を壊す。炎…

SlowNews | スローニュース

じっくりと取材や思考を重ねた良質なコンテンツで、誰もがもつ先入観(バイアス)を壊す。炎のような情熱と、事実をありのままに見る冷静さで常識や偏見をひっくり返す。そんな創り手とつながるコミュニティです。

メンバーシップに加入する

購読プランとプレミアムプランの2種類からお選びいただけます。

  • 購読プラン

    ¥500 / 月
  • プレミアムプラン

    ¥1,000 / 月

リンク

マガジン

  • 諸永裕司のPFASウオッチ

    「永遠の化学物質」として問題になっているPFAS(有機フッ素化合物)。調査報道スクープや最新の自治体や企業の動き、取材の経過などをこちらで発信していきます。(取材:諸永裕司)

  • 災害前線報道ハンドブック

    大災害は突然にやってきます。その時、何を取材するべきでしょうか。記者たちに的確な指示が出せるでしょうか。ありそうで存在していなかった「災害時の取材マニュアル」ジャーナリストのプレミアム会員向けに発信します。(熊田安伸)

  • 広島県警の不正経理事件

    広島県福山市内の警察署で2019年から2020年にかけ、組織の指示によるカラ出張が何度も繰り返され、実態のない“出張”に対する旅費や時間外手当などが公金から支出されていた疑いがあることが、調査報道グループ「フロントラインプレス」の取材でわかった。こうした行為は以前から長期間、組織内で行われていた疑いもある。

  • プロジェクト「オープンデータウオッチ」

    スローニュースでは、プロジェクト「オープンデータウオッチ」を始めます。国や自治体がオープンにしているデータをもとに、税金の使われ方や事業が適正に行われているのかなどをチェックしていきますよ。

  • 宮崎県警・証拠写真のSDカード改ざん疑惑

    殺人事件の証拠写真を収めたSDカードのデータを宮崎県警が改ざんした疑いが浮上した。絶対に改ざんできないはずの写真データが容易に修正できるとなれば、「事件捜査への信頼は失墜し、刑事司法は大混乱に陥るだろう」と捜査実務に詳しい関係者は言う。問題の背後に、いったい何があるのか。取材:フロントラインプレス

諸永裕司のPFASウオッチ

「永遠の化学物質」として問題になっているPFAS(有機フッ素化合物)。調査報道スクープや最新の自治体や企業の動き、取材の経過などをこちらで発信していきます。(取材:諸永裕司)

くわしく見る

【スクープ】工場のPFAS汚染水が「垂れ流し同然」は本当か?極秘文書に記された衝撃の排出方法とは

国際機関が発がん性を指摘している化学物質「PFAS」。様々な用途に使われてきたため、PFAS汚染はいまや日本の各地で次々と確認されています。 このうち、静岡市の化学メーカー、三井・ケマーズフロロプロダクツの工場では、働いていた人だけでなく、周辺からも検出されました。その謎を解く実に50ギガバイト(5万ファイル分)にのぼる工場内部の膨大な極秘データ『デュポン・ファイル』をスローニュースは入手し、深刻な汚染を引き起こしていた原因や実態を解明しています。 汚染が広がった要因とし

スキ
3

「米軍・横田基地が汚染源」と研究者、ところが東京都は監視井戸の水質測定をやめた!小池知事はなぜ動かない?

なぜ横田基地が汚染源と言えるのか東京・多摩地区の汚染源のひとつは米軍・横田基地である――。 京都大学の原田浩二准教授は昨年、多摩地区にある140ヶ所の地下水などを測定・分析し、あらためてそう結論づけた。 主な根拠は二つある。 第一に、立川市の浅井戸と深井戸から、かつて基地の消火訓練に使われた泡消火剤に含まれるPFOSなどがきわめて高濃度で検出された。最大値は3102ナノグラムと、国の目標値の60倍を超える。なお、地下水脈はおおまかに西から東へ流れおり、基地の西側の井戸か

スキ
43

工場のPFAS汚染水は「垂れ流し同然」だった!極秘文書が語るその実態とは【スクープ連載『デュポン・ファイル』動画編②】

その工場の周辺が、なぜ高濃度の“毒の水”に汚染されたのか。長期連載してきた『デュポン・ファイル』の第2シーズン「排水編」を、7分余りの動画にまとめました。 PFAS汚染はいまや日本の各地で次々と確認されています。静岡市の化学メーカーの工場では「垂れ流し同然だった」という元従業員の言葉は本当なのか。驚くようなその管理の実態を、工場のある地元の皆さんだけでなく、この問題を初めて聞くという多くの方にぜひ視聴していただきたいと思い、わかりやすい動画で発信します。 取材・監修:諸永

スキ
28

小池知事が約束した「都政の透明化」はどこへ?「黒塗り」を「白塗り」に変えてごまかす「PFAS情報非公開」

フリーランス 諸永裕司 東京都知事選の告示まで2週間あまり。 立憲民主党の参院議員・蓮舫氏、広島県安芸高田市長の石丸伸二氏などが候補に名乗りをあげ、小池百合子・都知事の動向に注目が集まっている。 8年前、東京都庁を「伏魔殿」と呼んで当選した小池知事は、就任から約5カ月後の記者会見で、こう語った。 「かねてより東京大改革、その一丁目一番地には情報公開があるということを申し上げてまいりました。都政を見える化させるという点、透明化ということであります」 情報開示請求にかかる

スキ
37

災害前線報道ハンドブック

大災害は突然にやってきます。その時、何を取材するべきでしょうか。記者たちに的確な指示が出せるでしょうか。ありそうで存在していなかった「災害時の取材マニュアル」ジャーナリストのプレミアム会員向けに発信します。(熊田安伸)

くわしく見る

災害前線報道ハンドブック【第4章】復興フェイズ④必ず起きてしまう談合の調べ方

スローニュース 熊田安伸 巨額の予算が投入される復興事業では、必ずといっていいほど談合事件が起きてしまいます。どのように取材すればいいのか、当局の情報に頼ることなく報じることはできるのか。そしてどんな視点で報じるといいのかなどについて解説します。 なぜ復興事業では不正が起きやすいのか大きな災害の後には、巨額の復興特別予算が組まれます。多くが壊れた公共施設の復旧や、地域の暮らしの復興おために使われますが、過去の大災害では必ずといっていいほど、復興事業・復旧工事をめぐる不正が

スキ
9

災害前線報道ハンドブック【第4章】復興フェイズ③復興予算の調べ方

スローニュース 熊田安伸 前回は東日本大震災の復興予算問題に気づくまでの取材経緯をご紹介しました。今回はいよいよ具体的な調べ方とその結果について解説します。 役に立ったのは「事業仕分け」のための道具復興予算の分析は、以前ならかなり難しかったかもしれません。それが可能になったのは、当時の民主党政権が「事業仕分け」を始めたからでした。 「事業仕分け」こと行政事業レビューは、国の約5000の事業すべてについて各府省が点検・見直しを行うもので、予算を無駄遣いしていないか、事業が

スキ
2

災害前線報道ハンドブック【第4章】復興フェイズ②復興予算問題に気づくまで

スローニュース 熊田安伸 前回も紹介した通り、復興事業では「タテ割り」が必ずといっていいほど弊害として浮かび上がります。中でも大きな話題を呼んだ東日本大震災の復興予算問題は記憶に新しいところではないでしょうか。今回はその問題に気づくまでの取材の経緯をご紹介します。 当時の政権を揺るがせた復興予算問題東日本大震災が発生した翌年、2012年に放送された「NHKスペシャル シリーズ東日本大震災『追跡 復興予算19兆円』」は、増税によって賄われた復興予算が被災地とは直接的には関係

スキ
7

災害前線報道ハンドブック【第4章】復興フェイズ①復興の「空白地帯」を見つける

スローニュース 熊田安伸 今回から第4章「復興フェイズ」です。復興計画・復興事業のチェックは、まさに「調査報道」そのもの。拙著『記者のためのオープンデータ活用ハンドブック』とかぶるテクニックやツールも多いですが、災害報道に特化した形でご紹介していこうと思います。 復興の現場を何度も歩くと…新潟県中越地震の発生から1年が経過した2005年の小千谷市。復興予算の規模は350億円で、本来なら既にかなりの復旧工事が進んでいるはずでした。 しかし小千谷市を担当しているNHK新潟放

スキ
3

広島県警の不正経理事件

広島県福山市内の警察署で2019年から2020年にかけ、組織の指示によるカラ出張が何度も繰り返され、実態のない“出張”に対する旅費や時間外手当などが公金から支出されていた疑いがあることが、調査報道グループ「フロントラインプレス」の取材でわかった。こうした行為は以前から長期間、組織内で行われていた疑いもある。

くわしく見る

「監察は調査するつもりは全くない」「内部告発されたら警備官みな追放」県警ぐるみの隠蔽を示唆する録音の内容を明らかにする

広島県警福山北警察署の警備課を舞台とした公金詐取事件(カラ出張)で、フロントラインプレスはカラ出張の口封じなどの様子を録音した音源を入手した。音源は複数あり、録音時間は計約5時間30分。その一部は5月28日のスローニュースで報じたが、今回はその内容をさらに詳しくお伝えする。 フロントラインプレス 広島県警の説明をくつがえす「口封じ」録音を入手この問題の発覚の経緯について広島県警は、福山北警察署の警備課に勤務していた巡査部長・粟根康智氏(現在は退職)が在職中の2022年3月

スキ
15

【スクープ】警察庁官房長が事実と異なる国会答弁か…広島県警「隠蔽工作」の証拠録音を入手、その内容とは

【10秒要点チェック】広島県警の不正経理事件をめぐり、警察庁長官官房長の国会答弁が事実と異なる疑いが浮上 最初の匿名の内部告発をめぐる経緯について、広島県警は隠蔽工作をしていたため警察庁に報告していないのでは? フロントラインプレスは口封じの様子が克明に記録された複数の録音を入手。決定的な証拠を明らかにする フロントラインプレス 警察庁官房長の国会答弁がおかしいフロントラインプレスが昨年から報じてきた広島県警の福山北警察署警備課の公金詐取事件(カラ出張)が先ごろ、参議

スキ
35

【会員限定】公安警察の不正経理を告発した元警察官が実名ですべてを語る!26日19時からイベント開催

スローニュースで連載し、事件化した公安警察での不正経理。それを内部告発した元警察官・粟根康智さんが実名・顔出しですべてを語るイベントを開きます。2月26日(月)19時からリアル会場での開催です。 去年8月から12月まで、18回にわたって連載を展開した「広島県警の不正経理事件」。きっかけは、広島県内の警察署で勤務していた粟根康智さんの内部告発でした。 広島県警は警察官3人を詐欺と虚偽公文書作成・同行使の容疑で書類送検しましたが、粟根さんは「本当に適正に捜査されたのでしょうか

スキ
19

「広島県警の不正の認定がおかしい」「捜査費が明らかにされてない」元警察官が実名で訴えたことと無念の思い

広島県警の不正経理問題を在職中にカラ出張を公益通報(内部告発)し、これまでは匿名で取材に応じていた元巡査部長の粟根康智さん(44)が13日、実名に切り替えて記者会見に臨んだ。 この問題で県警は警察官3人を詐欺と虚偽公文書作成・同行使の容疑で書類送検したが、粟根さんは「本当に適正に捜査されたのでしょうか」と県警の姿勢を批判。送検容疑と自らの体験に大きな食い違いがあるとして、さらに詳しく捜査・調査するよう求めた。 粟根さんは記者会見に先立って、代理人の清水勉弁護士と共に県警本

スキ
28

プロジェクト「オープンデータウオッチ」

スローニュースでは、プロジェクト「オープンデータウオッチ」を始めます。国や自治体がオープンにしているデータをもとに、税金の使われ方や事業が適正に行われているのかなどをチェックしていきますよ。

くわしく見る

【就職人気企業50社徹底比較】男女で賃金格差が大きい企業はどこ?そして是正のためにすぐやるべき2つのポイントとは

【10秒要点チェック】就職で人気の企業でも男女の賃金に大きな差が。背景にある原因とは 浜田敬子さんが指摘する「格差解消のために企業が是正すべき2つのポイント」とは 男女の賃金に差がある企業、ない企業はどこ?「男女賃金格差ランキング」を大公開 スローニュース 宮崎稔樹 誰もが知っている有名企業といえど、その「働きやすさ」はどうなのか──。 大学生の就職人気企業をオープンデータで分析するシリーズの3回目は「男女賃金格差」を取り上げます。データから見えてきたのは就職人気企

スキ
15

【就活人気企業50社を徹底比較】男性が育休を取りやすい会社はココだ!上位企業が実践する「3つのポイント」

スローニュース 宮崎稔樹 誰もが知っている有名企業とはいえど、その「働きやすさ」はどうなのか──。そんな疑問に答えるべく、大学生の就職人気企業をオープンデータで分析しています。今回取り上げるのは、「男性の育児休業(育休)取得率」。「男性育休は当たり前」の意識が高まる中、企業の取り組み状況を探りました。 100%達成の企業と、30%を切る企業がそもそも男性の育休取得率は、企業の先進性を端的に表す数値の一つ。男性の育休取得を促進しようと、2023年4月に施行された改正育児・介

スキ
11

【就活人気企業50社を徹底比較】女性管理職を半数近くに増やしたのはあの社だった――本当に女性活躍を支えているのはどこだ?

スローニュース 岩下明日香 自分が就職するのはどんな企業なのか、本当に働きやすいのか、気になりますよね。 そこで大学生に人気の企業上位50社のデータを徹底分析してみました。まずは「女性管理職が多い企業」「女性を積極的に採用している企業」がどこなのかを比較。中には管理職の半数近くが女性という企業もありましたよ。 まずは「理系女性」の採用を見てみると……理系の大学生にとって人気の高い企業には、やはり理系ならではのスキルが生かせる業種が並びます。採用時の女性の割合が高い企業に

スキ
8

男性の育休取得率が100%の社とゼロの社の違いは? 残業時間は? データから見るメディアの職場環境③

スローニュース 熊田安伸 オープンデータからメディア各社の「働き方」を徹底調査するシリーズの第3回。今回は、男性の育休取得率と、残業時間のデータを取り上げます。 調査の対象にしたのは、全国紙と地方紙、それに通信社と在京テレビ局の合わせて60社(うち17社はデータ非公表、11社もデータが古く、実際に比較できたのは32社)です。学生や求職者に企業の職場情報を公開するため、各企業から厚生労働省のサイトを通じて公表されているデータを分析しました。 残念なことに、今回は1社だけ「

スキ
11

宮崎県警・証拠写真のSDカード改ざん疑惑

殺人事件の証拠写真を収めたSDカードのデータを宮崎県警が改ざんした疑いが浮上した。絶対に改ざんできないはずの写真データが容易に修正できるとなれば、「事件捜査への信頼は失墜し、刑事司法は大混乱に陥るだろう」と捜査実務に詳しい関係者は言う。問題の背後に、いったい何があるのか。取材:フロントラインプレス

くわしく見る

【スクープ】宮崎県警による証拠改ざん疑惑のSDカード、警察庁が以前から「改ざん可能」を把握していたことが新証言で発覚

取材・執筆 フロントラインプレス 殺人事件の証拠画像を記録したSDカードを、宮崎県警が改ざんしたとされる疑惑。スローニュース上でこれまで6回にわたって報じてきたが、新たな事実が発覚した。 問題となっているのは、キオクシア社(旧・東芝メモリ社)製の「Write Once(ライトワンス)メモリーカード」。このSDカードは改ざんできないとされ、ほとんどの都道府県警察で使用されているが、実際には遅くとも2018年には警察庁が書き換え可能であることを把握していたことがわかったのだ。

スキ
16

警察が証拠のSDカードをいじって写真を間引きした?東京地検に告訴した弁護士の会見をノーカット動画で。疑惑のカードのデータ一覧や告訴状もダウンロードできます

6日に東京地検への告訴が行われた宮崎県警による証拠の写真データ改ざん疑惑。告訴後に記者会見が行われました。スローニュースの会員向けに、会見の内容を全編ノーカット動画でお届けします。 また、会見場で配られた告訴状と、問題を時系列で説明したメモ、それに疑惑のSDカードの中身が分かるデータ一覧も、こちらからダウンロードできるようにしました。

スキ
14

「34枚の証拠の画像が消された痕跡を見つけた」警察署長を東京地検に告訴した弁護士が語った疑惑の中身とは

取材・執筆 フロントラインプレス 警察が証拠のSDカードに手を加えていたのではないか。そんな疑惑が、ついに東京地検への告訴という事態に至った。 調査報道グループ「フロントラインプレス」がスローニュース上で報じてきた宮崎県警の証拠改ざん疑惑。殺人罪などに問われている久常芳治被告(49)は6日、被告に有利な証拠写真の画像データが警察によって改ざんされ、隠されたなどとして、当時の宮崎北警察署長らを証拠隠滅罪で東京地検に告訴した。 被告の代理人を務める黒原智宏、西田理英両弁護士

スキ
22

【スクープ】「撮れるはずのない写真がなぜ」 解析で浮上した宮崎県警『証拠のSDカード改ざん疑惑』これだけの不審点

取材・執筆:フロントラインプレス 宮崎市のJR佐土原駅前で起きた殺人事件。被告・弁護側は「被害者男性が突然、ナタで襲いかかってきた。被告は正当防衛」として無罪主張していた。警察は犯行現場でナタを発見し、指紋の鑑定も行っている。弁護側の主張通りであれば、ナタには被害者男性の指紋が残っており、被告に有利な証拠となるはずだった。 ナタの写真をプリントではなくデータで求める被告・弁護側に対し、検察・宮崎県警は「データは出せない」と拒否するが、再三にわたる要求の結果、2021年12

スキ
15