見出し画像

【会員向けイベント】記者・編集者が社の壁を越えてスキルを共有する「報道実務家フォーラム2024」見どころはこれだ!

毎年700人以上が参加する日本最大級のジャーナリズムイベント『報道実務家フォーラム2024』が今年も4月27日~29日にかけて早稲田大学で開かれます。過去最大の57講座、でも全部に参加するのは無理。そこでフォーラム事務局長の澤康臣さんをお招きして、あなたにオススメの講座はどれなのか、オンラインで語ってもらいます。

毎年4月下旬に大会が開かれる『報道実務家フォーラム』。新聞社の記者や出版社の編集者、テレビ局のディレクター、フリーライターといったジャーナリストだけでなく、研究者や法律家、学生も参加する一大イベントです。(スローニュースも後援しています)

優れた調査報道の内幕を惜しみなく公開してくれる講座や、基本的なテクニックを教えてくれる講座、そしてデータジャーナリストによるハンズオン講座もあります。

ちらっと一部をご紹介すると、週刊文春の竹田編集長が「松本人志氏の性加害問題」をどう取材したかについて語る講座や、

大川原化工機冤罪事件で、警視庁、経産省、検察庁といった当局側の不正に切り込んだNHKスペシャル「“冤罪”の深層」を発信した石原ディレクターが取材や制作の背景を語る講座があります。

でもこの二つ、最終日の最後、同じ時間に並行して行われるので、どちらかを選ぶ必要があるんですよね。

というわけで、3日間で開催される57講座のどれを受講するかがちょっと悩みどころ。多くの講座が後でアーカイブを見られますが、やっぱりリアルで聞いて、その場で質問をしたり、登壇者と知り合いになったりしたい。そんな人のために今回のイベントを企画しました。

フォーラム設立者の一人であり、事務局長の澤康臣さんをお招きし、注目の講座を紹介してもらいます。ただの紹介ではなく、参加者の皆さんからもバシバシ質問も受け付けてお互いに語り合い、このイベントをより盛り上げるアイデアもいただきたいと思います。

スローニュース会員(購読会員・プレミアム会員どちらも)の方ならどなたでも参加できます。以下のフォームにご登録ください。

スローニュースの会員でない方も、この機会にぜひ。

開催要項

会員限定オンラインセミナー:『報道実務家フォーラム2024の見どころはこれだ!』

ゲスト:澤康臣・報道実務家フォーラム理事/早稲田大学教授

日時:4月17日22時から30分~1時間程度

参加方法:下記のURLよりお申し込みをください。まだ会員でない方はこれを機会にぜひ入会ください。SlowNewsの有料コンテンツの購読やイベントに参加できます。

ここから先は

49字