見出し画像

芥川賞・直木賞を盛り上げる日経新聞「あなたへの一冊」

膨大なニュースや情報の中から、ゆっくりと思考を深めるヒントがほしい。そんな方のため、スローニュースの瀬尾傑と熊田安伸が、選りすぐりの調査報道や、深く取材したコンテンツをおすすめしています。

きょうのおすすめはこちら。

芥川賞・直木賞2023年上半期 あなたへの一冊


7月19日に、第169回芥川賞・直木賞が決定します。

ホラー、警察小説、歴史小説とバラエティに富む直木賞、文學界新人賞を受賞した市川沙央さんの「ハンチバック」など話題作が並んだ芥川賞ーーと、それぞれ候補作が注目を集めています。

そんな中、日本経済新聞が7月9日、「芥川賞・直木賞2023年上半期 あなたへの一冊」というデジタルコンテンツを公開しました。

3問からなるアンケートに応えると両賞の候補作の中から、「あなたへの一冊」をおすすめするという、昨年から日経新聞が仕掛けているサイトです。

ちなみに、私がおすすめされたのは、今回、初めて直木賞にノミネートされた月村了衛さんの『香港警察東京分室』(小学館)でした。

芥川賞も直木賞も、もともとは文学界を盛り上げようと菊池寛がはじめた「イベント」でもあります。こうしたコンテンツで、書籍への関心がさらに高まるといいですね。(瀬)

(日本経済新聞 2023/7/9)


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!