見出し画像

『君たちはどう生きるか』公開前に出されていた驚きの考察

膨大なニュースや情報の中から、ゆっくりと思考を深めるヒントがほしい。そんな方のため、スローニュースの瀬尾傑と熊田安伸が、選りすぐりの調査報道や、深く取材したコンテンツをおすすめしています。

きょうのおすすめはこちら。

宮崎駿監督作品『君たちはどう生きるか』考察【公開前】

事前告知もほとんど行わず、情報管理をしていた宮崎駿監督の新作『君たちはどう生きるか』。蓋をあけてみれば、公開4日間で興行収入21.4億円(動員135万人)を記録したといいます。

これは宮崎駿監督最大のヒット作である『千と千尋の神隠し』(2001年公開:興行収入316.8億円)を超えるペースです。

ポスターとタイトル以外の情報をほとんど出さないという異例のマーケティング戦略と、その結果には驚きます。

そして、今日紹介するのはその映画についての、ちょっと変わった投稿です。

公開前に出ていたわずかな公開情報だけを徹底分析して内容を推測したブログが、作品を観終えた人の間で「こんなことが予測できるものなのか」と話題になっています。

どこが当たり、どこが外れているのか。

未見の方は映画を観てから読んでみるのもおもしろいかもしれません。

これも公開情報を分析した一種のオープンデータジャーナリズムといえるのではないでしょうか。

そして、こういう話題が盛り上がるのも、情報を徹底秘匿したマーケティング戦略の成果なのでしょう。
(瀬)

(紫の豚日記/FC2ブログ 2023/7/10)

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!