武器輸出――日本の「防衛産業」とは何か
前のめりな防衛省、とまどう企業…「新三原則」後の知られざる現状

7章 進む無人機の開発

一人のパキスタン人少女との出会い

 最終章にあたって、防衛省が力を入れている武器政策の一つである無人航空機について触れておきたい。私がこの武器に特に注目しているのはある少女との出会いがきっかけだ。

 ナビラ・レフマンさん。12歳のパキスタン人。彼女は、201210月のアメリカのイスラム過激派掃討作戦での無人攻撃機による誤爆で祖母を失い、自身も右手を負傷した。フランスのテロ事件など、ISによる被害は多く報道されているが、アメリカや多国籍軍による民間人の被害が多くあることは、あまり知られていない。ナビラさんはその被害者の一人だ。

 ナビラさんは無人機攻撃の残虐性を訴え世界を回っ…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01