武器輸出――日本の「防衛産業」とは何か
前のめりな防衛省、とまどう企業…「新三原則」後の知られざる現状

止まない不安の声

 オーストラリアで防衛省や大手防衛企業が積極的にPRし、ロビー活動を行うかたわらで、日本国内では依然、潜水艦輸出への慎重論が強かった。ほかの武器輸出に関しては前向きな発言をしていた防衛装備庁の官僚や企業の幹部も、こと潜水艦の輸出に関しては、不安や懸念を訴えるのだった。

 たとえば三菱重工のある幹部だ。私にいい聞かせるように語ってくれた。

「潜水艦の輸出は、安倍首相とアボット前豪首相による政治的な判断で決まったことです。だから、一企業としてどうこうできる状況ではありませんでした。

 会社としての課題は山積みですよ。たとえば技術者のレベルを見てください。オーストラリアの技術者のレベルは、…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01