武器輸出――日本の「防衛産業」とは何か
前のめりな防衛省、とまどう企業…「新三原則」後の知られざる現状

東大チームもロボコン決勝へ

 SCHAFTが辞退した決勝は、20156月、アメリカのロサンゼルスで開催された。日米韓など6カ国から24チームが参加。優勝したのは韓国科学技術院チームのロボットだった。

 日本からは5チームが追加で決勝戦にエントリーすることが認められた。先述したように、経済産業省とアメリカ国防総省の合意があり、それに基づき、経産省の外郭団体である国立研究開発法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構」(NEDO)が、大学や研究機関に募集をかけた。なぜNEDOが出てくるかといえば、NEDOが一枚間に入れば軍事研究に抵抗感のある大学も応募しやすいというわけだ。その結果、NEDOからは、

 …

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01