気候変動をチャンスに、世界最大の食糧生産国を狙うロシア
試し読み
ディマが最初に瀋陽市からやってきたのは26歳のときだった。ディマのような冒険心にあふれた移民は、ロシアの未開の地を、機会を求めて走り回っていた――。気候変動による人類の「北上」。食料生産に適した環境になりつつあるというロシアの極東シベリアの現場をレポート。気候移民、北極海航路、食料安全保障をめぐるアメリカの戦略までを、ニューヨーク・タイムズとプロパブリカが共同取材。

ページ一覧