華麗なる「肉食系ビジネス」の世界
2012年、ムンクの「叫び」が当時の史上最高落札価格を更新する1億700万ドルで落札された。オークション会社サザビーズの手数料を加えると1億2000万ドル。当時の為替レート、1ドル80円で換算すると96億円!
← 左にスクロール
シェア ツイート

オークションでの駆け引き

 二〇一二年五月二日午後七時半過ぎ、ニューヨークのサザビーズ本社にあるオークションルームには、いつになく張りつめた空気が漂っていた。きょう、この場で絵画の世界最高落札価格が更新されるかもしれない。期待のこもった人々の視線が壇上の回転台に向けられる。ノルウェーを代表する画家、エドワルト・ムンクの「叫び」がゆっくりと姿を現した。世界で最も有名な絵画のうちの一点である。スマホに「ム」、「ン」、「ク」、と入力すると「叫び」の絵文字が登場する。こんな作家はほかにいない。

 この日、窓の外では、経済格差に抗議してウォール・ストリートを占拠しようとする「Occupy Wall Street(ウォール街を占拠せよ)」のデモ隊と警官が睨みあい、別の意味でも緊張が高まっていた。デモ隊にとって、トップ一%どころか、そのまた一%が対象となっているこのセール(オークションを業界ではセールという)ほど、メディアの注目を浴びるのに格好の材料はない。ビルを囲むように警官が立ち、玄関では屈強な警備員たちが眼を光らせている。車から降りてオークション会場に入る顧客の姿が見えないように、入口にはテントが張られ、入館者には持物検査が義務付けられ、午後には爆弾探知のため全社員がビルから一時退去させられた。ただし、そこは超VIPを相手にするビジネス。超VIPが顔パスできるように、常時玄関に役員が当番で一人立っている。その中にはCEOの姿もあった。

 ものものしい雰囲気の中、客席は六百人を超す美術愛好家やディーラーで埋め尽くされ、さらに数百人が立って見ている。立見席といえども、予約は至難の業だ。

 そこにムンクの「叫び」が登場し、会場の緊張はさらに高まった。今晩オークションに掛けられる七十六作品中の二十点目になる。果たして最高価格は出るのか。この日までの絵画の最高落札価格は、二〇一〇年のクリスティーズでのパブロ・ピカソの「ヌード、観葉植物と胸像」の一億六百四十八万ドルだった。

 花形オークショニア(競売人)のトバイアス・マイヤーが口を開く。作品について簡単に説明したあと、数秒の沈黙を経て、

「四〇ミリオン」

 と、スターティングプライスを告げた。

 いよいよ競り合いが始まる。「四〇ミリオン」とは四千万ドルのことだから、いきなり約三十億円(当時の為替レート)からのスタートだ。執筆時の為替レートでいけば、約五十億円にもなる。

「四一、四二、四三……」

 百万ドル刻みで、みるみる値が上がっていく。千人弱が見守る会場に、オークショニアの声が響く「四五、イン・ザ・ルーム」。

「イン・ザ・ルーム」とは、会場にいる人が手を挙げたということだ。オークションは会場に来る以外に、電話、書面、インターネットでも参加できる。世界各国の顧客が電話で会場のサザビーズの社員に入札額を伝え、本人の代わりに社員が手を挙げる。私も三千万ドル台の絵画を落札した際、手を挙げながら独特の高揚感に包まれたのを覚えている。

 オークションルームの少し高いところにあるVIP席、「スカイボックス」から会場を見下ろしつつ、電話でサザビーズの社員に入札額を知らせる人もいる。コレクターで知られるハリウッド俳優、レオナルド・ディカプリオの姿が見えることも珍しくない。

経済力をつけてきたアジアの顧客

 オークショニアは、すべての入札に目を配りながら進めていく。

「四九、パティ」

 パティ・ウォンはサザビーズ・アジアの会長だ。香港の銀行オーナーの一族で、英国で教育を受け、母親もサザビーズ香港のトップだった。中国、台湾など、近年、経済力をつけてきたアジアの有力顧客を抱える彼女は、彼らのビッド(入札)を受けて手を挙げている。

「五九、チャーリー」

 アジア勢が優勢かと思いきや、ここでアメリカが参戦した。ニューヨークのメトロポリタン美術館の学芸員からサザビーズに転身したチャーリー・モフェットが、自分の顧客の札を入れた。とはいえ、顧客はアメリカ人とは限らない。豊富な専門知識と、元学芸員らしからぬビジネスセンスで、世界中のトップコレクター、及び多くの美術館の顧客をもつ。

 六〇、七〇までは順調に上がってきたが、それを超えると、さすがにペースが緩やかになる。

「七三、パティ……、七四、ステファン」

 俳優のショーン・コネリーを父に持つステファンは、やはりサザビーズの社員で、有力な顧客を担当している。その後独立した際には、「サザビーズの稼ぎ頭去る」とニューヨーク・タイムズに取り上げられた。

 八〇を過ぎ、九一まで来たとき、ピタリと動きが止まった。しばし沈黙が流れる。

 スタートから四分四十九秒。そろそろ落札されるか……。人々は固唾を飲んで見守っている。

一騎打ちの心理戦

 ステファン、チャーリーに入札を促すオークショニア、トバイアスの声が響く。

「みんながあなたを見ていますよ」

 その声に背中を押されるように、九二、九三と値が上がり、また小休止。落札の気配が濃くなると、報道陣のカメラのシャッター音が一斉に響き出す。史上最高値を期待して、ニューヨーク・タイムズ、アート・マガジン、CNNなど、多くのマスコミが集まっている。

「どう、もう一声? みんなに競ってもらうのが私の仕事なんだよ」

 もうひと押しするオークショニアの言葉に会場から笑いが起こり、その先はステファンとチャーリーの一騎打ちとなった。

「九六ミリオン、九七ミリオン、チャーリー。ステファン、相手側のビッド。さあ、もう一声いってみよう」

 オークショニアは、腕で交互に二人を指す。その際カメラがシャッターを切りやすいように、指したまま動作を一瞬静止する。

「九九ミリオン、チャーリー」

 長い沈黙が続く。電話口を手で押さえながら、ステファンが顧客に向かって、懸命の説得を続ける。「相手は弱っている。あと一押しで落とせる!」と言っているのか、「○○を売ってでも、この作品を落札する価値はある」と言っているのか定かではないが、完全に戦闘モードだ。

 崖から突き落とされるように後ろから一押しして欲しいという顧客は意外に多い。信頼される担当は、ときに不必要に高値で追う顧客をいさめるが、一生に一度の機会に遭遇した場合は別だ。こういう時は、CNNのカメラも、会場内の千人もまったく眼中にない。興奮して、声が会場に漏れぬよう机の下に潜って話し続ける者もいる。そういうときは、頃合いをみて「潜航」した同僚を周りの者が引き上げ、浮上させる。

 沈黙の緊張感を解きほぐすかのように、

「I have all the time in the world(世の中のすべての時間は私のものだから)」

 とオークショニアが言うと、会場がワッと沸き、雰囲気が和む。時間をかけても大丈夫というメッセージに他ならない。日本のオークションでもこんなことを言ってみたいと思うが、日本語で言う自分を思い浮かべると、正直寒気がする。やはり、こういうのは英語で表現してこそさまになる。

 とうとう一〇〇ミリオンドル、つまり一億ドルを超えた。会場から拍手が沸き起こり、シャッター音がひときわ大きくなる。それに応えて、オークショニアのトバイアスが一言、

「Thank you」

 と少しドイツ語訛りでつぶやく。彼はオーストリア人だ。

「一〇四、一〇五……」

 上がるたびに会場がざわめく。ステファンもチャーリーも電話の向こうの顧客を説得している。激しい競り合いになったときに、百万ドル単位ではなく三百万ドル単位で上げて、力を見せつけて相手を振り払うという手もあるが、この高値ではそうもいかない。

 チャーリーの入れた一〇五で、再び動きが止まる。いよいよ落札か。ひとたびハンマーが落ちれば決まってしまう。

「ステファン、念には念を入れる必要があるので聞くけど、本当にいいの?」

 しばし、沈黙。オークショニアが促すと、ステファンが一〇六に頷く。すると間髪入れずにオークショニアが、

「そういう君が好きだよ」

 と混ぜっ返す。すぐにチャーリーが一〇七に頷く。傍目からみて、チャーリーにはまだ余力がある。ここまでくると、身振り手振り、電話の間合いから、会場内からも電話の向こうの様子は手にとるようにわかる。総資産の一%が美術品一点に費やす限界といわれるので、電話の向こう側は間違いなく兆円長者だ。その兆円長者を以てしても、大型企業買収の最終局面と同じ緊張感に包まれている。軍配はこちらに上がりそうだ。

史上最高額で落札された瞬間

「一億七百万ドル、一億七百万ドル、ステファン、本当にこれでいいの? もう、これで最後だけど」

「どなたか他にいませんか?」

 会場を右から左にゆっくりと見回しながら、途中まで競っていたサザビーズ・アジアの会長の方を振り向く。

「パティ?」

 と聞くが、彼女は心なしか降参という表情を浮かべながら、首を左右に振る。一度競るのを止めて、あとで再参入という作戦はよくあるが、それもないとなると、ますます一億七百万ドルで、チャーリーが落札する可能性が高くなってきた。

 オークショニアが会場を見回して、他に手を挙げる人がいないか確認して、最後の口上を述べる。

「一億七百万ドルという歴史的な価格で、ステファンではなく、チャーリーに売ります」

 オークショニアは、まだハンマーを宙に掲げている。理屈の上では「カーン」と叩くまで落札は確定しない。まだ誰でも参入できる。過去何回そういうことがあったことか。息をのむ観衆、咳払いひとつしない会場。

 その静寂を打ち破るかのように、ハンマーが勢いよく振り下ろされる。「カーン」という音とともに、

「ソールド!」

 とオークショニアが声を発して、落札が確定した。拍手と歓声に包まれる会場。ムンクの「叫び」が史上最高額で落札された瞬間だった。

 サザビーズの手数料を加えると一億二千万ドル。当時の八十円換算で九十六億円。現在の百二十五円換算で、実に百五十億円に相当する。顧客との電話は録音され、会場内の様子は各角度から録画されているものの、この時点では売買契約書すら存在しない。

 歴史的瞬間の余韻で鳴り止まない拍手。しかし、オークションはこの作品だけではない。喜びに浸る間もなく、気持ちを切り替え、すぐ次の作品の入札を始める。

ムンクの「叫び」はなぜこんなに高額なのか?

 落札額は一億ドルを超えるとみられていたから、一億二千万ドル、約九十六億円は大方の予想通りだった。

「叫び」の落札以降も、美術品の値上がりは止まらず、最高価格は更新され続けている。二〇一三年十一月にはクリスティーズで現代美術の巨匠フランシス・ベーコンの「ルシアン・フロイドの三習作」が一億四千二百四十万ドル(百四十一億七千万円)、二〇一五年五月にはクリスティーズでパブロ・ピカソの「アルジェの女たち」が約一億七千九百万ドル(約二百十五億円)で落札された。よく混同されるが、印象派後から一九四四年までが近代、一九四五年以降が現代になる。

 現在の相場は大雑把に言うと、印象派、近現代の名作が二十五億円以上、ピカソ、クロード・モネの代表作が六十億円以上、その世紀を代表する作家の希少性の高い作品で百二十億円以上、ポール・セザンヌ、ジャスパー・ジョーンズクラスの最高のドローイングで三十億円だろうか。その一点だけで美術館に人を呼べるような有名な作品になると、二百億円から三百億円以上にもなる。

 ムンクがここまで高額になった理由は、大きく分けると三つある。ピカソと同じく二十世紀美術を代表する作家による歴史的名作というのがまず第一。そして希少性、良好なコンディション。この二つは容易に想像がつく。

シェア ツイート
第一章 息詰まるムンク「叫び」の落札風景(2)

この作品では本文テキストのコピー機能を無効化しています

01