華麗なる「肉食系ビジネス」の世界
2012年、ムンクの「叫び」が当時の史上最高落札価格を更新する1億700万ドルで落札された。オークション会社サザビーズの手数料を加えると1億2000万ドル。当時の為替レート、1ドル80円で換算すると96億円!

目利きのエリック・クラプトン

 欧米では、家でもオフィスでも、アートが幅広く楽しまれている。だからセレブの中にもコレクターが少なくない。自分の名前でオークションに参加し、売買する人もいる。歌手のマドンナ、エリック・クラプトン、マイクロソフトの共同創業者のポール・アレンなど、コレクターは各界に跨っている。

 ロックフェラー、レオナルド・ディカプリオ、英国王室、ヒュー・グラント、グッチのオーナーのピノー、LVMHのベルナール・アルノー、『ジュラシック・パーク』を書いたマイケル・クライトン……。

 そこからは、アート好きというだけでなく、アートに対する深い造詣、またアートをとおしての社会貢献という、それぞれの個性が窺える。長い目で見…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01