宇宙の始まりは見えなくても、初期の痕跡は残っている
人間は、どこまで宇宙の始まりの謎に迫ることができるのか。この壮大なテーマについて、現代宇宙論の立場から考える。

[第2章]

無からの宇宙創世論

21 「無」とは何のことか

宇宙のない状態?

 宇宙が「無」から始まったと考えられている、ということを読者はどこかで聞いたことがあるだろうか。宇宙の誕生について書かれた本の中では、この話が必ずと言ってよいほど紹介される。これはあくまで一つの仮説に過ぎず、確立した学説というわけでもないのだが、宇宙の始まりを科学的に記述できるかもしれない、という可能性がじように乗ったという意味では、驚くべき話だ。

 とはいえ、宇宙が「無」から始まった、という言葉を初めて聞いて、その意味をたちどころに理解する人がいるだろうか。とてもそうとは思えない。まったく予備知識を持たないまま、この…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01