無罪になるのは、1000人に一人
99.9%——。この数字は何を意味するのか。注目の憲政史家が問う、「精密司法=日本の検察」の正義と矛盾。

序 章

巨大権力

刑事裁判はどのように起こるか

「法の適正手続」

「ここ、テストに出します。過去の出題率、一〇〇!」

 そう宣言し、私は大学教員時代、本当に憲法のテストで必ず出題していた。これを理解せずして大学卒業資格を認めるべきではないとすら考えていた。たとえ理系であっても知っておかねばならない基礎教養が、デュー・プロセス・オブ・ロー(Due process of law)だと考えたからだ。デュー・プロセスを理解していないから、「刑事裁判で裁かれるのは被告人だ」という、およそ文明国(=マトモな国)では考えられないような誤解が広がっているのだ。

 デュー・プロセス・オブ・ローとは何か。単にデュー・プロセスとも言うが、文字通り「法の適正手続」のことである。ただし…

無料公開中のページへ

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01