2020年代の音楽シーンはどこから来て、どこへ行くのか
試し読み
不要不急のエンターテインメント、自粛すべき「3密空間」とされ、ライブ市場は2019年に比べ約8割が消失。10年以上にわたり右肩上がりの成長を続けた市場規模は2019年の4237億円(過去最高)から一転、2020年には714億円(推定値)まで落ち込んだ。しかし一方で、シーンの動向も、ヒットの生まれる経緯も、従来の常識は塗り替えられようとしている。アーティスト、関係者の声を拾いながら、ポストコロナのライブのゆくえを探る。

ページ一覧