東京ディズニーランドには「土地という強い味方がついている」
定評あるロングセラーの全面改訂版。2013年4月に開業30周年を迎える東京ディズニーランド。常勝を続けている秘訣を探る。

チャプター3

「ディズニーリゾート」への進化

 「リゾート」といえば、なにかとせわしい日常生活を離れて海浜や山間の保養地で過ごす長期滞在型の休暇を思い描く。そこでは、時間がゆっくりと流れ人々はくつろいだ気分で思い思いに過ごす。

 そんなイメージをがらりと変える「リゾート」が、「東京ディズニーリゾート」(TDR)の発想である。大消費地に近い立地条件から、オリエンタルランド社は「アーバンリゾート」と位置づける。そこでの滞在期間は短期であり、楽しみ方は密度の濃い「詰め込み型レジャー」である。

セクション1

滞在型複合レジャー空間をめざす

1]エリアを指す集合体

 テーマパークとリゾートの合体したものが、TDRである。具体的には、東京ディズニーランド(TDL)に、2001年秋にオープンした「東京ディズニーシー」〈TDS

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01