東京ディズニーランドには「土地という強い味方がついている」
定評あるロングセラーの全面改訂版。2013年4月に開業30周年を迎える東京ディズニーランド。常勝を続けている秘訣を探る。

セクション2

「成熟した消費社会」のイメージ

1]日本も「成熟社会」に

「生活の質」向上を求めて

 「成熟社会」という言葉が良く使われるようになったのは、20世紀後半ごろからである。ノーベル物理学者でハンガリー出身の文明評論家のデニス・ガボールが1972年に『成熟社会』を著して以降といっていいだろう。

 ガボールは成熟社会を「毎年たえまなく続く経済成長が終わりを遂げたときに社会的内部でも平和であり、また自然環境とも調和のとれている社会のことである」といっている。また「人口および物質的消費の成長はあきらめても、生活の質を成長させることはあきらめない世界である」ともいう。そのうえで、成熟社会は「物質よりも精神的な豊かさ」「労働よりも充実した余暇」を大切にして、人々に「希望…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01