貧しい人々が信用に値しないのではなく、既存の銀行が人びとに値しないのである
バングラデシュの貧しい女性たちに無担保で融資し、自立を促す「グラミン銀行」。その活動を8年にわたって調べてきた著者が、女性たちの奮闘する様子を活き活きと描く。

4章 フィールド・レポート

──また女性たちに会いたくて

□グラミン銀行の女性たち

 首都ダッカから北西に向け、車でおよそ二時間行くと、タンガイル県に入る。二〇〇四年一一月にタンガイル県にあるグラミン銀行ドゥバイル・デルドゥワイ支店を訪れた。

 一九八〇年三月に活動を開始したこの支店は、二〇年以上の経験をもち、活動地域にある二〇の村のすべてをカバーしている。全村の四〇はとても貧しい人びとで、彼らを対象にローンと貯蓄のサービスを提供している。メンバーはおよそ三〇〇〇人で、そのうち八〇が女性、二〇が男性である。センターは全部で六八ある。

 私たちは、まず、センター番号二八の集会を訪れた。集会が開かれている集会所(ケンドロと呼ばれている)は、支店から車で土埃を上げながら二〇分、途…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01