その社長は、首を吊ろうと思ったこの「工場」で、新年を迎えられる喜びに感激して泣いていた
銀行にその名を恐れられる一方、人情派で知られる再建弁護士・村松謙一。NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」でも反響を呼んだ、生々しい実話で綴る「会社救済ドラマ12話」。

◉おわりに

 イギリスはシェークスピアの有名な戯曲「ヴェニスの商人」の名場面に、お金を返せなくなった商人アントーニオに対し、ユダヤ人の金貸しシャイロックは法の裁きを訴える。

 女性裁判官ポーシャがユダヤ人の金貸しシャイロックに対し、『慈悲』の心を見せるように促すが、シャイロックは「契約」(法)を盾に取り、応じようとしない。

 そこでポーシャは、「たしかに、証文には、借主の商人アントーニオの身体の肉1ポンドを差し出すとある。契約であるから、商人アントーニオの肉1ポンドを切り取るがよい」と判決を下す。

 喜んで肉を切り取ろうとするシャイロックに対し、ポーシャは続けて言う。

「ただし、証文には、肉1ポンドとは書いてある…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01