その社長は、首を吊ろうと思ったこの「工場」で、新年を迎えられる喜びに感激して泣いていた
銀行にその名を恐れられる一方、人情派で知られる再建弁護士・村松謙一。NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」でも反響を呼んだ、生々しい実話で綴る「会社救済ドラマ12話」。

再建計画反対の理由を明示せよ!

 私は、スポンサーとの打合せを重ね、スポンサーからの借入で一括弁済をして、早期に民事再生手続きを終了させ、裁判所の手続きから離れ、一人立ちさせることが、信用回復という市場原理に沿うものであり、そうすべきだとの共通認識を確認し、各金融機関にその旨を伝えた。

 これにより、従前の再生計画案で提案した10か年の長期弁済を、認可決定確定後の早期一括弁済とする変更再生計画を記載した。債権者に対する有利変更であり、この計画により、債権者が賛成してくれるものと思っていた。

 ところが、官系の金融機関と地元の地方銀行が相変わらず、修正された再生計画案に賛成することはできない、と伝えてきた。私は、彼らの反対の態度を…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01