その社長は、首を吊ろうと思ったこの「工場」で、新年を迎えられる喜びに感激して泣いていた
銀行にその名を恐れられる一方、人情派で知られる再建弁護士・村松謙一。NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」でも反響を呼んだ、生々しい実話で綴る「会社救済ドラマ12話」。

会社分割に問題が勃発

 しばらくの期間、A社のF氏と会社分割についての振り分け作業の資料作成に没頭していた。A社の財務分析をし、資産の洗い直しをした後、A社に置いていくgood資産と新A社にもっていくbad資産との振り分け作業をして、引継資産目録のバランスシートを作成して、T銀行へ提示した。

 すると、T銀行からクレームがついた。新設A社のbad資産を基に決算報告書を作成すると、設立当初から、実態BSは『債務超過』になるから、問題解消にならず、この分割案は賛同できないという内容であった。

 たしかにこの当時は、分割会社と承継会社の両社につき、『債務超過』になるような会社分割は、資本充実の原則、履行の見込みの記…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01