その社長は、首を吊ろうと思ったこの「工場」で、新年を迎えられる喜びに感激して泣いていた
銀行にその名を恐れられる一方、人情派で知られる再建弁護士・村松謙一。NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」でも反響を呼んだ、生々しい実話で綴る「会社救済ドラマ12話」。

「円滑化法」の実用的利用方法

「円滑化法」を使うということは、そういうことなのだ。そう言うと、将来、金融機関からの借入ができないのなら、この法案を使うのはやめようかと考える経営者が出てこよう。しかし、その考えこそ、誤っている。

 営業利益が少しでも、たとえわずかでも出ているのであれば、その会社は生存している社会的意義があるはずだ。そんな社会的意義を有する会社が「過剰債務」に苦しめられているのは、資金繰りに窮しているはずだから、この法を使わなければならない。考える必要はない。

 そして、万一、金融機関からの借入ができなくても、前述したとおり、会社は存在できることを知るべきだ。もちろん、過剰債務を切り捨てて、新会社での有利子負債は…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01