伝統──それはむしろ対決すべき己の敵であり、また己自身でもある
縄文土器・尾形光琳・庭園を題材に、日本の美を探り出す。『今日の芸術』の新展開。

慈光院

 大和・小泉の慈光院を見てみましょう。

 この寺は小泉の藩主であり、四代将軍家綱の茶道指南をつとめて、茶人として有名なかたぎりせきしゆうが、晩年にいたって領地に建てただいです。彼の好みのさびた茶の境地をしめすじようだい(二畳と、四分の三畳の狭い畳──これを台目畳という──を敷いて、そこに茶の湯の道具をおくようにした茶室。草庵風のもっともわびたしつらえである)の茶室などもあり、全体がひなびた隠居所のような作りです。規模も大きくはない。

 坂道をのぼり、ふきいし(古代人は古墳がくずれるのを防ぐために、表面に小石を敷きならべた。慈光院の石だたみは付近の垂仁天皇陵の…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01