伝統──それはむしろ対決すべき己の敵であり、また己自身でもある
縄文土器・尾形光琳・庭園を題材に、日本の美を探り出す。『今日の芸術』の新展開。

新興町人の精神と貴族性の対決

 この日本芸術に稀有な、非情の美しさをささえるもの、光琳芸術の土台になっているものは、いったいなんだろう。──すべての偉大な芸術家のばあいとおなじように、うちに秘められたはげしい矛盾にほかならないのです。

 光琳の画面は大胆に抽象化され、装飾化されています。その奔放で強靱な気配は、ちょっと見ると、まったく矛盾なく、楽観的に描かれたように見えるかもしれない。だが表現が明快だからといって内容も単純なのだと考えたら、もちろん大まちがいです。

 明快さの裏には、技術的に、また精神的に、のっぴきならない矛盾をはらんでいる。はげしい対立を克服して、一だんと冴えた緊張があり、不動に見…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01