伝統──それはむしろ対決すべき己の敵であり、また己自身でもある
縄文土器・尾形光琳・庭園を題材に、日本の美を探り出す。『今日の芸術』の新展開。

三 光琳──非情の伝統

真空に咲きほこる芸術

 若い日、パリのラテン区のサン・ミッシェル通りを歩いていたときのことです。そのころ(一九三二、三年)、私はアプストラクシオン・クレアシオンという、アヴァンギャルドの抽象芸術運動に参加して、過去の絵画の自然主義的な約束ごとや形式をいっさいさんにした、新しい、もっとも近代的な造型の可能性を探究しながら仕事を進めていました。

 いつものように、町角の本屋のショーウィンドーをなんの気なしにのぞいて、オヤッと思いました。そこに、こうりんの「こうはくばいりゆうすいの」がある。

 グイと、それは私の全身をひっとらえて、こっちに飛んできました。

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01