伝統──それはむしろ対決すべき己の敵であり、また己自身でもある
縄文土器・尾形光琳・庭園を題材に、日本の美を探り出す。『今日の芸術』の新展開。

古典はその時代のモダンアートだった。

 すべての古典はそれぞれの時代に、あらゆる抵抗にたいして現在を決意し、たくましい生命力を充実させた精神の成果です。過去の権威によりかからず、おのれを卑下せず、はげしく生ききった気配にあふれています。そういうものだけが伝統として、精神的に、肉体的に、われわれ現在を決意したものにびりびりつたわってくるのです。

 奈良の仏像にしても、今でこそげおちて灰色にすがれ、「白い焔」どころか、中には風化した橋げたのようなざんな様相をていしたのさえあります。の消えたうす暗いどうの中にひっそりして昔を夢みているようです。だが、かつてそれらはべっとりと黄金をか…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01