「あれ、人間ですよね?」
2019年6月30日、爽やかな日曜日の午後、ロンドン南西部にある自宅の庭で、エアーベッドに横たわりくつろいでいたウィルは、上空の飛行機から何かが落下するのを目撃した。それがまさか、人間だとは、密航者だったとは。刑事、メディアを巻き込んだ身元不明のケニア人をめぐるミステリー。英ガーディアンからの特選記事。

空から落ちてきた男

ケニアからの密航者は何者だったのか?

2019年、旅客機からひとりの男の遺体がロンドン南部の庭に落下した。この男はいったい何者だったのか?

取材・執筆 シリン・ケール

 2019630日の日曜日、爽やかな夏の午後のことだ。ソフトウェアエンジニアをしている31歳のウィルは、ロンドン南西部クラッパムの自宅で外に出したエアーベッドでくつろいでいた。彼はパジャマ姿でポーランドのビールを飲んでいた。陽光の降り注ぐなか、彼は同居人と雑談をしていた。その頃、空中ではヒースロー空港に向かう飛行機が何機か、着陸に向けたアプローチに入っていた。ウィルは、航行する飛行機のルートと機種を表示してくれる…

01