なのに、何で仮放免が出ない?
私は2020年10月から毎週水曜日、「牛久の会」が東日本入国管理センターで行っている面会活動に同行している。パキスタン人のカリール、ベトナム人のトラン……。「収容者」との度重なる面会を通して、多くの日本人が知らない「現場」が見えてきた。
← 左にスクロール
シェア ツイート

ナリワヌイにインスパイアされた

 東日本入国管理センター(茨城県牛久市)に収容されているセネガル人、ジョープ・エルハジ・ジリー・ムバイエ(43)は、引き締まった体をしている。長い収容生活でも筋トレを欠かさないという。

 今年113日の水曜日、ジョープとの6回目の面会で、私はこう言われていた。

「電話で話したいことがあるんだ。こちらから電話するから、次に来た時、都合のいい日時を教えてくれ。君の生活の邪魔をしたくないから電話はできるだけ控える。掛ける時はあらかじめ、時間を空けてもらってそのタイミングにするよ」

 しかし、1カ月以上がたっても会えずにいた。私が面会を申請したタイミングでたまたま彼が他の誰かと面会していたり、私の時間的な…

01