手厚い保護が文化財を殺す!?
なぜ日本人は、「カネのなる木」を枯らすのか?「国宝」なのにボロボロな理由、日本の職人をクビにして海外へ外注、伝統工芸品の価格は「ボッタクリ」だ、「補助金漬け」の実態、他。「山本七平賞」受賞作に続く衝撃の問題提起。
シェア ツイート

2

文化財で「若者の日本文化離れ」を食い止める方法

■家庭から日本文化が消えた

 これからの日本が進む未来を考えた際、経済の面から見て「観光立国」は避けて通れない道であり、それを実現するためには、日本文化の魅力を高め、差別化を行う必要があるということがわかっていただけたと思います。

 そのような意味では、文化財は日本の未来を左右するほど、重要な役割を担うようになってきていると言えるでしょう。

 とはいえ、文化財の業界が変わるべき理由は「観光」だけではなく、日本国民の「資産」としても、文化財が果たす役割をさらに向上させる必要があると思っています。それは、近代日本文化が激変している今、自国の伝統文化を理解するためです。

 都心の家屋などは特にそうですが、畳敷の部屋はだいぶ減っていま…

この作品では本文テキストのコピー機能を無効化しています

01