手厚い保護が文化財を殺す!?
なぜ日本人は、「カネのなる木」を枯らすのか?「国宝」なのにボロボロな理由、日本の職人をクビにして海外へ外注、伝統工芸品の価格は「ボッタクリ」だ、「補助金漬け」の実態、他。「山本七平賞」受賞作に続く衝撃の問題提起。

■指定と修理

 国の指定は受けていなくても、県の指定は受けているのだからよいではないかという意見もありえますが、この違いは大きいのです。文化財保存という面ではきわめて重要な修理の問題が関わってくるからです。

 再び、北口本宮冨士浅間神社で考えてみましょう。北口本宮冨士浅間神社の「本殿」は、近代的な工法で修復することはできません。私たち「小西美術工藝社」のように伝統技術を受け継ぐ、文化財専門で修理を行っているところが請け負うことになりますが、その修理は職人の手作業になりますので、今の技術から見れば合理的ではないし、効率がいいわけではないので、コストがかさみます。簡単に言えば、漆塗りは近代的なウレタン塗装の吹き付…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01