手厚い保護が文化財を殺す!?
なぜ日本人は、「カネのなる木」を枯らすのか?「国宝」なのにボロボロな理由、日本の職人をクビにして海外へ外注、伝統工芸品の価格は「ボッタクリ」だ、「補助金漬け」の実態、他。「山本七平賞」受賞作に続く衝撃の問題提起。

■総合評価落札方式の導入を!

 定期的なメンテナンスをすることで、サプライチェーンを成立させるという話をしてきました。しかし、これにはひとつ、大きな問題が潜んでいます。

 みなさんは、文化財修繕の仕事は、資格をもった熟練の職人だけがやっていると思われているのではないでしょうか。しかし、実はそうでないことも多いのです。その経験がなく、どう考えてもできそうにない人が文化財修繕の仕事をすることも珍しくありません。

 先ほどご説明したように、民間の仕事が減ることで、文化財修理の世界に参入しようとする会社が増加傾向にあります。しかし、中には経営が困難な会社も増えていますので、倫理的なリスクが高まっています。さらに一言に伝統工法と言っても…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01