手厚い保護が文化財を殺す!?
なぜ日本人は、「カネのなる木」を枯らすのか?「国宝」なのにボロボロな理由、日本の職人をクビにして海外へ外注、伝統工芸品の価格は「ボッタクリ」だ、「補助金漬け」の実態、他。「山本七平賞」受賞作に続く衝撃の問題提起。
シェア ツイート

5

文化財の入場料は高いか安いか

■二条城の価値は、和菓子ひとつより少し高い程度?

 日本人観光客はこれからの人口減少を受けて、激減します。その対策のひとつとして、本章では、文化財の収益のひとつである「入場料」について考えていきたいと思います。

 結論から申しますと、私は文化財の入場料が今の時代に合っていない、安すぎる水準にあると思っています。文化財の本質的な価値から考えてみても、あるいは維持費、他の娯楽などの価格帯との相対比較から多面的に評価しても、そのような結論に至りました。

 まず、多面的に文化財の価格の相対比較をしてみたいと思います。これには抵抗がある方も多いと思いますが、歴史や文化をひとつの商品として考えることによって、その経済合理性が明らかになりますし、現在の価格設定…

この作品では本文テキストのコピー機能を無効化しています

01