手厚い保護が文化財を殺す!?
なぜ日本人は、「カネのなる木」を枯らすのか?「国宝」なのにボロボロな理由、日本の職人をクビにして海外へ外注、伝統工芸品の価格は「ボッタクリ」だ、「補助金漬け」の実態、他。「山本七平賞」受賞作に続く衝撃の問題提起。
シェア ツイート

3

文化財行政を大転換するため、まず「意識」を変える

 日本の文化財は「建っているだけ」だから楽しみが少なく、勉強ができる場でもなく、満足度が低いというのが、私の認識です。

 前章に書きましたように、今までは文化財は保護するものであって、修学旅行生がすでに勉強した歴史にまつわる実物を見るための場所でした。これは、人口が激増して、休みが集中している日本人に向けたもので、文化財を深く理解してもらう必要がなかった時代を反映しているやり方だと思います。国にも余裕がありましたので、所有者もそれほど、修理に苦労しなかったと聞きます。

 そのため、国民や観光客のニーズがあまり優先されず、文化財はさまざまな分野の専門家の領域となりました。このあり方を理解した上で、観…

この作品では本文テキストのコピー機能を無効化しています

01