ブレイディみかこが見たブレグジット “主流派とは違うもう一つの英国の歴史”
試し読み
2016年の英国EU離脱派の勝利。海外では「下層に広がる排外主義の現れ」とされたが、英国国内では「1945年以来のピープル(労働者階級)の革命」との声も多かった。世界で最初に産業革命、労働運動が起きたイギリスでは労働者こそが民主主義を守ってきた。ブレグジットは、グローバル主義と緊縮財政でアウトサイダーにされた彼らが投じた怒りの礫だったのだ——。英国在住の注目の著者がど真ん中から現状と歴史を伝える。

ページ一覧