女子や浪人は減点に 医大入試差別はどう暴かれたのか
2018年、東京医科大をはじめとする大学医学部で「不正入試」が次々と明るみに出た。長年にわたり入試の得点を操作し、女子や浪人生は減点され、合格者数を調整するという衝撃の内容である。この事実を最初に報じたのは、読売新聞社会部取材班(代表=渡辺晋社会部次長、現ロサンゼルス支局長)だった。この調査報道はどんなプロセスを経て、表に出たのか。報道実務家フォーラム「第1回調査報道大賞」で渡辺晋記者が講演した内容を元に取材の内側に迫る。

ページ一覧