ドラえもんの最終回がいくつもあるのはなぜ?
少女漫画も歴史を辿れば宝塚歌劇団を原点に持つ「手塚治虫」に辿り着く

はじめに

 二〇一八年は手塚治虫生誕九〇年、石ノ森章太郎生誕八〇年、「ビッグコミック」「少年ジャンプ」が創刊五〇年と、いくつもの記念が重なる年だった。二〇一九年になると、『機動戦士ガンダム』が四〇年を迎える。さらにここ数年の間には『ウルトラマン』五〇年とか、『仮面ライダー』四〇年、『マジンガーZ』や『デビルマン』から四五年などもあった。

 毎年、何かの何十周年なのだから、それ自体はどうでもいい。気になったのは、それが四〇年、五〇年とかなり長く続いていることだ。最も飽きっぽい子供を対象とした作品たちがこんなにも長寿なのはなぜなのか。

 僕は一九六〇年に生まれた。ものごころついたころからテレビが家庭にあった世代…

無料公開中のページへ

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01