人類史「3度目の定常化」時代とは?
「拡大・成長」という成功体験幻想を追い続け先送りされてきた「持続可能な社会」モデルとは。転換を図るための10の論点と提言。

幸福度をめぐる様々な展開

 ちなみに多少話題を広げることになるが、「GAH」という言葉を聞いたことがあるだろうか。これは東京都の荒川区が2005年から提唱しているもので、「グロス・アラカワ・ハピネス」つまり「荒川区民の〝幸福〟の総量」という意味であり、これを改善していくことを区政の目標にしようというものである。私自身もここ10年ほど多少の関わりがあるが、同区では単にそうした理念をうたうだけではなく、荒川区自治総合研究所という組織を設立し、健康・福祉、子育て・教育、産業、環境、文化、安全・安心という6領域46項目にわたる幸福度指標を作って、幸福度と関連政策に関する展開を進めている。ちなみに幸福度の関係で荒川区が最初に取り…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01