人類史「3度目の定常化」時代とは?
「拡大・成長」という成功体験幻想を追い続け先送りされてきた「持続可能な社会」モデルとは。転換を図るための10の論点と提言。

7章 持続可能な福祉社会

──地球倫理の可能性

 本書においては、「人口減少社会のデザイン」というテーマを中心にすえて、一方ではそれをコミュニティやまちづくり・地域再生、社会保障といった個別領域にそくして考えるとともに、他方では資本主義、人類史といった長い時間軸の中でその意味や展望を論じてきた。最後に、本書のここまでの議論を踏まえた上で、今後私たちが実現していくべき社会のありようやその土台となる理念ないし思想を、「持続可能な福祉社会」というコンセプトを軸に吟味してみたい。

1│グローバル化の先の世界

単純なグローバル化の終わりの始まり

 議論の手がかりとしてまず考えてみたいのは、「グローバル化の先の世界」あるいは「グローバル化の終わりの始まり」という視点である。

 近年、国際的な動きに関する話題で目立つもの…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01