人類史「3度目の定常化」時代とは?
「拡大・成長」という成功体験幻想を追い続け先送りされてきた「持続可能な社会」モデルとは。転換を図るための10の論点と提言。

イントロダクション:

AIが示す日本社会の未来──2050年、日本は持続可能か?

はじめに──AIは未来予測や政策に活用できるか

 「AI(人工知能)」という言葉が、あらゆる場面に登場している。アメリカの未来学者カーツワイルが唱えたいわゆる「シンギュラリティ(技術的特異点)」論ないし〝2045年問題〟のように、最高度に発達したAIがやがて人間を凌駕し、さらにはそれが人体改造された人間と結びついて〝永遠の意識〟が生まれるといった議論も存在する。また、AIによって人間の仕事ないし雇用の大半が取って代わられ大量の失業が生まれるといった話題は繰り返し論じられている。

 しかし昨今の議論を聞いていると、いささかAIの能力が過大評価ないし〝神聖化〟されているように思われることが多い。

 私は1980年代末の2年間をアメリカのボストンで(

無料公開中のページへ

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01