人類史「3度目の定常化」時代とは?
「拡大・成長」という成功体験幻想を追い続け先送りされてきた「持続可能な社会」モデルとは。転換を図るための10の論点と提言。

予防的な社会保障という方向性

 以上、これからの社会保障の重要な課題として、「人生前半の社会保障」と「ストックに関する社会保障」について述べた。これらはいずれも2で述べた「事後的救済から事前的対応へ」、あるいは資本主義システムの根幹部分への介入という方向の上にも位置づけられるものである。

 こうした方向は、少し別の角度から表現するならば、これからの人口減少時代における「予防的社会保障」の重要性という形でとらえることもできるだろう。すなわち、社会保障における以下のような方向である。

a)事後から事前へ……人生前半の社会保障

b)フローからストックへ……ストックに関する社会保障

c)サービスないし「ケア」の重視へ……心理社会的ケ…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01