ナイジェリア貧困地域の子どもたちを世界一のサッカー選手にする――ある日本人の「無謀な挑戦」
試し読み
故郷の若者に希望とチャンスを与えたい在日ナイジェリア人のエバエロ。カンボジアでプロサッカーチームを運営していた加藤明拓。「資金を出すから一緒にやらないか」。サッカー大国ナイジェリアの子どもたちを育て、世界ナンバーワンのチームを作って、海外のトップリーグで活躍する選手を輩出しよう――。目標が一致した2人は2016年5月、無謀とも思える挑戦に乗りだした。
シェア ツイート