「えっ! イルカを食べるの?」
「えっ! イルカを食べるの?」という前に漁の現場を見よう。『THE COVE』の舞台・太地でイルカ漁船に便乗し、15年間「おいちゃん」たちと交流した動物行動学者の体験的捕鯨論。

【付録】太地訪問ガイド

休漁日は休日にあらず へ戻る

◇捕鯨カレンダー◇

 この町を訪れる人は、なにかしら「鯨」を期待してやってくることだろう。鯨尽くしの料理もいい。くじらの博物館でショーを見て、捕鯨を知ってもらうのももちろんいい。が、〝今も〟捕鯨の町であることを頭の片隅には入れておいてほしい。以前は、自由に見学ができた解剖作業や鯨肉の競りも、保護団体等の侵入による混乱防止のため、立ち入り禁止になってしまった。しかし、沖から帰ってくる船を見ることは妨げられない。

 港周辺には海岸沿いの遊歩道もあり、高台には見晴らしが良く展望スポットとなっている場所もある。このような場所で沖を眺めていると、運が良ければ、追い込み作業中のいさな組合の船団が…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01