「えっ! イルカを食べるの?」
「えっ! イルカを食べるの?」という前に漁の現場を見よう。『THE COVE』の舞台・太地でイルカ漁船に便乗し、15年間「おいちゃん」たちと交流した動物行動学者の体験的捕鯨論。

3章 太地発、鯨と人の400年史──古式捕鯨末裔譚

保護団体との10年史

「あいつらはホンマ、やくざやで。ちょっと、ぶつかると大げさに転んで、『いてててヤラレタよ~』と叫んでそれを撮影させる」

「とにかくいうことを聞かない。〈立ち入り禁止〉と英語でも書いてあるのに、平気で入ってくる」

 外国人を中心としたいくつかの環境保護団体、動物保護団体が太地へやってきている。そういった連中をどう思うか、いさな組合の漁師たちに尋ねると、冒頭のようなコメントが返ってきた。「鯨を取って何が悪い!」という思想的な返事がもらえると期待していたら、どうやら反捕鯨活動の趣旨よりも、やり方がセコイことに苛立っている印象を受けた。

 だれに対しても「捕鯨文化を押し付ける気はさらさらない」という太地の人…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01