「えっ! イルカを食べるの?」
「えっ! イルカを食べるの?」という前に漁の現場を見よう。『THE COVE』の舞台・太地でイルカ漁船に便乗し、15年間「おいちゃん」たちと交流した動物行動学者の体験的捕鯨論。

解剖作業

 小型船で運ばれてきたイルカは、太地漁協内魚市場に設けられた解剖場(図13)へ引き上げられていく。解剖係は、大包丁と呼ばれる刃渡り30センチほどの専用の包丁をぎ澄まして待っている。解剖は、この大包丁(図14)と補助的に使うかぎで、ほぼすべての作業が行われていく(口絵7)。

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01