「いいなずけ」にあこがれる恋愛自由化時代の二十代の出現──現代の結婚難のすさまじさ
本書の斬新さは、これが社会学の本であると同時に、具体的な「婚活」の方法と各種サービスの賢い活用法までを網羅し、 いわば『婚活のすすめ』とも呼ぶべき実践の書ともなっている点である。

1 「婚活」時代の到来 山田昌弘

ここまで似ている、結婚と就職

「仕事(職)」をもつことと、「結婚」することは、人生の二大イベントです。精神分析学の創始者でもあるジグムント・フロイトは、人が上手にできるようにならなくてはならないことは、「働くこと」と「愛すること」であると述べています。人間が成長して、社会から認められて一人前と見なされるためには、仕事をもち、結婚することが必要です。仕事の内容や結婚形態は変わっても、「仕事をもって結婚して一人前」ということ自体は、有史以来、変わっていません。

けれども、その二つのイベントをクリアするために、意識的に「活動」が必要になったのは、長い歴史の中でもごく最近のことです。日本では、就職については、ここ十五年くらい、そして、結婚については、まさに今、始まったばかりなのです。

前近代社会、だいたい日本では江戸時代までは、そもそも職業選択の自由はなく、生まれた家の職業を継ぐしかありませんでした。結婚も、原則、親が取り決めていました。女性は、自分の父親と同じか似た職業のところに嫁いで、そこで、自分の母親と同じように夫といっしょに働いたのです。「活動」しようにも、もともと選択肢がなかった。だから、何も考えることなく、仕事と結婚という二大イベントをクリアしていきました。

それが、近代社会になると、職業選択の自由や結婚相手の選択の自由というのが出てきます。成長するなかで、自分で職業を決め、結婚相手を選ぶ必要が出てきたのです。しかし、日本社会では、つい最近まで、さまざまな「規制」があったおかげで、選択に際して、意識的に活動するという努力をしなくてすみました。

戦後から一九九〇年ごろのバブル経済期までは、学校に入れば就職は自動的についてきました。高校なら就職指導の先生が振り分けてくれました。大学を出れば、研究室の先生の紹介や先輩などのリクルーティングがありました。また、就職協定があって、一定の時期に人並みのことをすれば、自然と就職先が決まっていきました。何より、新卒の求人が求職を大幅に上回っていたおかげで、自分の出た学校に見合った就職先にたどり着くことができました。女性は職種が限定されていたので、多くは一般職などに就職しました。

つまり、就職に一定の「枠」があったおかげで、大多数の人は、大きな努力なしに就職ができたのです。

結婚も同様です。三章で詳しく述べますが、「出会いが少ない」「つき合ったら結婚するのが当然」「婚前交渉はいけない」など、こちらにも、さまざまな「規制」があったおかげで、見合いとか職場結婚とかで、適齢期になると次々と決まっていました。

「規制緩和」によって、就職活動が必要となった

変化が現れたのは、バブル崩壊後の一九九〇年代に入ってからです。

自由化、つまりは「規制緩和」があらゆる分野で進んだのがこの時期です。就職協定は一九八〇年代には解除されていましたし、男女雇用均等法によって女性も就職戦線に加わってきました。求人が減って就職氷河期となり、研究室推薦や高校の振り分けで決まる人も少なくなってきました。もう待っていてもよい就職先はきません。それどころか、正社員として就職できずにフリーターになってしまう人も増えてきました。今や、十五〜二十四歳の男性の約四六%、二十五〜三十四歳の男性の一四%近くが非正規雇用者です。

なんとなく就職が決まる時代は終わり、自分で会社の情報を集め、選択し、一人十社、二十社を受けるのは当たり前。就職活動、略して「就活」は、大学三年の後半から一年続く長期戦となり、同時に、「リクルート社」など就職活動を支援するキャリア企業も成長します。今では、大学自体が、学生の就活支援に乗り出すようになっています。

かくして、よい就職をするために、個人で意識的に「就職活動」するのが当たり前の時代になりました。

一九七五年、何が起こったか⁉

では、もう一方の結婚はどうかというと、状況は同じです。男女交際に関する規制緩和が起きたがゆえに、自動的に結婚できない時代が出現しています。つまり、個人が、意識的に結婚活動を行わないと、よい結婚相手どころか、結婚自体をすることがむずかしい時代に突入しているのです。

まず、データを見てみましょう。就職の自由化がフリーターなど非正規雇用者を生むのと同様に、結婚の規制緩和は未婚者の増大をもたらしました。二〇〇五年国勢調査によると、二十五歳から二十九歳までの男性の七一・四%、女性の五九%が未婚です。三十歳から三十四歳を見ても男性の四七・一%、女性の三二%が一度も結婚を経験していません。

次の図をご覧になるとおわかりのように、この未婚化の傾向は、就活が活発化したのとほぼ同時期、八〇年前後から始まっています。より詳しくデータをみると、一九七五年が節目。そこから、いわゆる「非婚化」「晩婚化」が始まります。

より正確に言うと、次の二つのポイントです。

1 結婚年齢がばらついているなかでの「晩婚化」

2 結婚したくてもできない「非婚化」

まず一つは、一九七五年までは、ほとんどの人が結婚していただけでなく、結婚年齢のばらつきが少なかった、つまり、だいたい同じような歳、二十代半ばに結婚していました。これに対し、七五年以降、たしかに平均初婚年齢は上がってきています。それが晩婚化と呼ばれるゆえんですが、一方で、二十代初め、あるいは十代の「できちゃった婚」も増えています。

つまり、結婚が、みんな一斉に同じような年齢でするという画一的なものではなくなってきているのです。統計的に見て結婚年齢がばらつき始めたのです。ばらつき始めているなかで、全体的には平均して遅くなっている、これが、一九七五年を節目に起こっていることのポイントの一つです。

もう一つのポイントは、現在生じているのは、単なる晩婚化ではなくて非婚化、それも、したくてもできなかったという非婚化です。五十歳の時点で結婚していない人は、七五年までは二〜三%だったのが二〇〇五年現在、男性一五・四%。今後、その数は増え続け、今の若者の二五%以上が一生結婚しないだろうと予測されます。そして、それが少子化の直接の原因になっています。

結婚年齢が多様化しているとか、結婚しない人が増えているというと、一般には、自分の意志でそうしている人が増えたからだと思われがちですが、実際には、まったく逆です。結婚年齢がばらつくことにより、逆に、自分の思ったタイミングで結婚できるとは限らなくなってくるのです。就職にしろ結婚にしろ、自由化が起これば思いどおりにならなくなる、というパラドクスです。

選択肢が増えれば増えるほど、自分の思い描いた選択ができなくなる。その結果が現在の急速な晩婚化、非婚化の進展となって現れているわけです。

「婚活」なしでは結婚できない

以上は、統計から見て全般的にいえることですが、具体的な個別のケースからも、晩婚化と非婚化が進み、そして、結婚が、もはや積極的な結婚活動なしにはむずかしくなってきていることがわかります。

男性、女性、それぞれに、今は結婚しない、できない理由があり、それらについては後の章で詳しくご紹介しますが、ひとことで言えば、社会経済的状況が変化しているにもかかわらず、意識そのものは昔とそんなに変わっていないということでしょう。

女性の多くは、やはり男性に経済的に依存したい、あるいは依存できるだけの力のある男性と結婚したいと思っていますし、一方、男性も男性で、自分は仕事だけしていて、ワーク・ライフ・バランスのライフのほうは妻に任せて、仕事以外のことに関わるのは定年後からでいいだろうと思っています。こと結婚に関しては、いろいろな意味で、前の世代の負の遺産を引き継いでいるわけです。

さらに、結婚そのものについても、男女とも、自分で特に積極的に何かをしなくても、自動的にことが運んで、思いどおりの生活が送れるはずだと、いまだに思っている節があります。たしかに、親の世代、昭和の時代はそうでした。でも、今は違います。

特に男性については、バブル崩壊後のロスジェネ(ロストジェネレーション・不況による就職氷河期の十年間に就職した、一九七〇年代生まれの人たち)あたりから、経済格差による結婚のチャンスの格差も生まれてきているといわれています。つまり、一部の男性のところに女性が集中し、そのほかの多くの男性には、結婚どころか、女性とつき合うチャンスすらないという状況です。

さらに悪いことに、そうしたいわば「負け組」と自分で思っている男性たちの中に、すでに、生身の女性とつき合うことをあきらめてしまっている層が多数存在することです。これを女性たちの側から見るとどういうことかというと、もはや、かつてのように、待っていれば向こうからだれか、声をかけてくる、というようなことはないのです。

かくして、今まさに、「婚活」すなわち「結婚活動」の必然性がクローズアップされてきたわけです。

2 結婚したくてもできない! 白河桃子(1)

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01