賭博、シャブ、恐喝。自壊する巨人の「失敗学」
野球賭博、清原シャブ逮捕、原監督1億円恐喝事件……週刊文春スクープ記者、執念の一撃!江川事件、KK(桑田清原)ドラフト事件、桑田の登板漏洩事件などの歴史を辿りつつ、最新のスクープも満載。巨人ファンもアンチ巨人も必読の一冊。

おわりに

 私にとって球界を舞台にした野球賭博疑惑と言えば、昭和の遺物でしかなかった。一九六九年に球界を襲った〝黒い霧事件〟は、疑惑の最大のキーマンとされた西鉄ライオンズの永易将之投手が、暴力団の依頼で野球賭博に絡む八百長行為に手を染めていたとして球団に解雇されたところから始まる。その後、永易は忽然と姿を消し、その行方は杳として知れなかったが、彼を探し出し、独占告白という形でスクープしたのが創刊間もない週刊ポストだった。当事者の口から野球賭博の実態や球団の口止め工作、さらには野球賭博に関与していた他の選手のことが語られるという衝撃的な展開は話題を呼び、その後、週刊ポストは発行部数が百万部を超える第一次全…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01