命じられた側の悲劇、命じた側の戦後
試し読み
玉音放送の翌日、8月16日。一人の男が割腹自殺をした。男は大西瀧治郎中将、「特攻の創始者」と言われた人物だ。多くの若者に犠牲を強いる体当たり攻撃という戦法はなぜ生まれたのか。命じた側の論理とは。反対する指揮官はいなかったのか。「本書は、なぜ特攻が生まれたかについての一つの回答である」。

ページ一覧