1万対4万2千、「玉砕の島」の守備隊長
戦死者10222名。最後に残ったのは34名。玉砕から75年、いま明かされるペリリュー戦の全貌。
← 左にスクロール
シェア ツイート

旅順に集結

 第十四師団の総員は、約一万二千人に及ぶ。歩兵連隊は歩兵第二連隊、歩兵第十五連隊、歩兵第五十九連隊である。中川率いる歩兵第二連隊の総員は、三千五百八十八名であった。その中の一人、永井敬司さんはこう語る。

「当初は演習という話でしたが、やがて『本当は南方への転進だ』と聞きました。しかし、南方と言っても、詳しい具体的な行き先までは聞かされませんでした。大事な情報は上層部だけで共有して、私たち末端のところまでは下りてきませんからね。私は軍曹で下士官でしたが、はっきりとしたことはわかりませんでした」

 各連隊は三月十日以降、チチハルや嫩江の各駐屯地を列車で出発し、ソ連軍に悟られぬよう厳重な注意を払いながら…

この作品では本文テキストのコピー機能を無効化しています

01