1万対4万2千、「玉砕の島」の守備隊長
戦死者10222名。最後に残ったのは34名。玉砕から75年、いま明かされるペリリュー戦の全貌。
← 左にスクロール
シェア ツイート

連合艦隊司令長官からの感状

 一方の日本軍には、部隊の交代などない。

 暗い地下壕の中に潜む日本兵たちは、鍾乳石からポタリポタリと落ちる水滴を空き缶に溜めて飲んだ。時には、その水の取り合いまで起きた。

 糞尿は大きめの缶などに溜めた。しかし、缶に溜まった糞尿を壕の入口付近に捨てると、自分たちの居どころを米軍に教えることになってしまう。そこでやむなく夜間を狙って離れた場所に捨てに出るのだが、米軍はこの時を見逃さなかった。結果、糞尿の処理は困難となり、壕の奥に垂れ流す状態となった。壕内は堪え難い悪臭に満ちた。永井敬司さんはこう語る。

「持久戦というのは本当にきついですよ。『昨日はあの壕がやられた』『今日はあの壕が落ちた』とその繰り…

この作品では本文テキストのコピー機能を無効化しています

01