1万対4万2千、「玉砕の島」の守備隊長
戦死者10222名。最後に残ったのは34名。玉砕から75年、いま明かされるペリリュー戦の全貌。
← 左にスクロール
シェア ツイート

あとがき

 城県水戸市に城県護国神社は建つ。創建は昭和十六年(一九四一年)十一月である。

 同神社には御祭神として、幕末以来の県内の戦没者である六万三千四百余柱が祀られている。境内には多くの鎮魂碑が並ぶが、その中には「ペリリュー島守備部隊鎮魂碑」も含まれる。

 これは平成五年(一九九三年)に建立されたものだという。水戸二連隊ペリリュー島慰霊会事務局長の影山幸雄さんはこう話す。

「建立の際には、中川大佐の奥様であったミツエさんが、五百万円も寄付してくれました。強い思いがあったのでしょう」

 鎮魂碑の脇に立つ石灯籠の裏側には「中川ミツエ」の名前が刻まれている。

 だが、その石灯籠も平成二十三年(二〇一一年)の東日…

この作品では本文テキストのコピー機能を無効化しています

01