1万対4万2千、「玉砕の島」の守備隊長
戦死者10222名。最後に残ったのは34名。玉砕から75年、いま明かされるペリリュー戦の全貌。
← 左にスクロール
シェア ツイート

第五章  アメリカ軍上陸

激化する空襲

 ペリリュー島の戦いについては、「出所の不明な話」や「伝説」のような逸話が少なくない。戦後に書かれたペリリュー戦に関する刊行物を俯瞰すると、あまりに生還者が少なかったことから、ノンフィクションよりも小説のほうが数が多く、そこから派生した話が一人歩きしている側面がある。実話をもとにした質の高い小説もあるが、それらはあくまでもフィクションであり、記述のすべてを史実として受容することは危険である。

 そういった現状を踏まえ、本書ではペリリュー戦を記すにあたり、実際に戦場にいた当事者の証言及び手記の他、戦史叢書や連隊史といった公的資料を基礎とした上で、出所の不明な逸話などは削ぎ落としつつ書き進めていく。

この作品では本文テキストのコピー機能を無効化しています

01